サカイ引越センターはIKEA家具を解体しないで運んでくれるの?

「サカイ引越センターで引っ越し予定だけどIKEAの家具ってどうしたらいいのかな?」

なんて疑問はありませんか?

IKEAは自分で組み立てる家具です。

サカイ引越センターは解体しないでそのまま運んでくれるのでしょうか?

結論から言うと、サカイ引越センターではIKEAの家具を解体せずに引越をすることができます。

しかし、注意点もあります。

この記事では、

  • どうしてIKEA家具は引越業者の中で敬遠されるのか
  • IKEA家具は条件次第でそのまま運ぶことができる
  • サカイ引越センターでは分解や組み立てをしてくれるのか
  • IKEA家具を運ぶ場合料金は変わるのか
  • IKEA家具は断られることがあるのか

などについて詳しく解説します。

引っ越しを検討している方は是非チェックしてみてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センターはIKEAの家具を解体しないで運んでくれるの?

結論からお伝えするとサカイ引越センターではIKEAの家具を解体せずに引越をすることができます。

IKEA家具は元々解体を前提とした設計がされていないため、引越しの時にはそのまま運ぶケースが多く、業者によっては運搬自体ができないケースもあります。

サカイ引越センターではそのまま運んでくれますが、ニトリや無印良品・その他のブランド家具とは異なったオペレーションになり、料金も変わってくる可能性があります。

まずはサカイ引越センターに訪問見積もりをしてもらいましょう。

どうしてIKEA家具は引越業者の中で敬遠されるの?

IKEA家具がどの引越業者にも敬遠される理由には共通した理由があります。

その理由は

  • 解体をすることで部品の強度が弱くなり、再組み立てがうまくできない場合がある
  • 解体自体ができない家具がある
  • 解体ができたとしても備品が再利用できない場合がある

このようなデメリットがあるため、引越業者にとってはリスクの高い家財になってしまっているのです。

そもそも解体を前提に作られていない

そもそもIKEAの家具は解体を前提にして作られていません。

一部商品では解体をすることが可能ですが、その場合でも強度に影響が出てしまうため品質保証外になってしまいます。

これはIKEAのホームページでも明言されています。

このことからIKEA家具を無理に解体することで保証が出ないためリスクが高いことがわかります。

IKEA家具はそのまま運ぶことが多い

先ほど説明したような理由からIKEA家具は結果的にそのまま運ぶしか引越をする方法が無くなってしまうのです。

小さな家具の場合はそもそも解体をする必要がないので問題ないですが、ベッドやテーブルなど通常解体をして運ぶ家具もそのまま運ぶとなると、積載効率が悪くなるため料金が大幅に上がってしまうケースや、引越業者によっては断られてしまう可能性もあります。

サカイ引越センターではIKEA家具は条件次第でそのまま運ぶことができる

サカイ引越センターでは大型家具は通常の玄関や階段から運ぶことができる大きさであればそのまま運ぶことができます。

しかし、玄関や階段幅の大きさ次第では通常搬出や搬入ができず吊り上げや吊り下げ作業が必要になるケースもあります。

その場合は引越代金が高くなってしまいますので事前に訪問見積もりをしてもらうようにしましょう。

引越しの際にIKEA家具があるか聞かれる

最近ではIKEA家具が増えており、そのリスクの高さが認識されてからどの引越業者に依頼をしても確認されます。

聞かれる理由は先ほどお話ししたリスクがあるからであり、家具の種類や大きさ、量によって引越業者の対応が異なってきます。

小さな家具でそのまま運べるものの場合は問題ないですが、ベッドや大きな棚などの場合は解体や梱包作業ができるかどうかが異なってきます。

サカイ引越センターでは分解や組み立てをしてくれる?

IKEA家具の分解や組み立てをサカイ引越センターでは一部してもらうことも可能です。

しかし先ほどのIKEA家具が引越業者の中で敬遠される理由にあるように、分解や再組み立てをすることにはリスクが発生します。

サカイ引越センターでは家具の分解や組み立てなどの経験があるスタッフが在籍していますが、それでもIKEA家具の組み立てや再組み立てはリスクが高い認識がされています。

まずは分解や組み立てをしてもらえるかどうかは見積もり時に確認をするようにしましょう。

分解ができるかどうかは家具を見て判断される

サカイ引越センターでは分解ができるかどうかは訪問見積もり時に家具を見て判断されます。

IKEAの家具に関しては分解がそもそもできない家具や一度外してしまうと再組み立てができない家具もあります。

サカイ引越センターの営業の方が見積もり時に現地調査をした上で判断をしてくれます。

分解ができても再組み立てができる補償はしてくれない

先ほどお話しした通りKEA家具は分解ができたとしても再組み立てがしっかりできるとは限りません。

サカイ引越センターでは分解と組み立てを行ってくれますが、作業員の不注意での破損でない限り組み立てが正常にできなかった場合に補償はしてくれないので注意をしましょう。

そのまま運ぶことができる家具の場合はそのまま運んでもらうようにしましょう。

他のメーカーの家具は問題ない?

現状他のメーカーの家具であれば、どのメーカーか聞かれるようなこともなく、基本作業内で大型家具の解体と組み立てを行ってくれます。

ブランドの家具だけでなく、ニトリや無印良品のような家具でも問題ありません。

一部年季がある古い家具の場合は、事前に解体をすると破損をしてしまう可能性があることを伝えられ、どのように対応するのか相談されることであります。

他の引越業者は分解や組み立てをしてくれる?

サカイ引越センター以外の引越業者の場合は分解や組み立てを行ってくれるのでしょうか?

結論からお伝えをすると引越業者によって分解や組み立てを行ってくれる業者と行ってくれない業者があります。

分解や組み立て作業自体を断られるケースが多いですが、訪問見積もりをして上で可否の判断をしてくれる業者もあります。

どの引越業者の場合でもまずは訪問見積もりをしてもらう必要があります。

サカイ引越センターにIKEA家具依頼した時の口コミ

 

IKEA家具を運ぶ場合料金は変わる?

IKEA家具を運ぶ場合、引越し料金は変わるのでしょうか?

結論からお伝えをすると解体が必要な家具がある場合や、本来解体すべき家具をそのまま運ぶ場合は料金が高くなる可能性が高いです。

なぜなら家具の解体に時間がかかる上、高リスクアイテムのため追加で料金がかかってしまうからです。

またトラックの大きさが大きくなるからです。

大きな家具でなく解体が必要でない家具の場合は、通常の家具と同様に梱包をして運び出すだけになるので料金に影響することはありません。

ベッドやテーブルなど解体が必要な家具がある場合は料金が追加でかかってしまいます。

そのまま運ぶ場合は料金が高くなる

ベッドやテーブルなど本来解体するべき家具をサカイ引越センターではそのまま運ぶことができます。

IKEA家具は解体ができないと判断された場合、そのまま運ぶ必要が出てきます。

そこでベッドやテーブルなどの大型家具をそのまま運ぶとトラックの体積をかなりとってしまいます。

ベッドを立てておくわけにもいかず、また平たくおいたとしても上に荷物を乗せることができません。

そうなることでトラックの体積を無駄にしてしまいます。

引越し料金はトラックの大きさで料金が高くなるので、IKEA家具があるために無駄に大きなトラックを手配する必要が出てきてしまうのです。

解体するにしても時間がかかる

大型家具を解体する場合にしてもIKEA家具はパーツがかなり多く解体や組み立てに時間をかなり要してしまいます。

他のメーカーであれば数十分で解体や組み立てができる家具でもIKEA家具の場合は1時間以上時間を要してしまうため、その分人件費もかかってしまいます。

また他の顧客を回る時間も無くなってしまうため、その分割高になってしまいます。

引越業者によってはかなり割だけで提示してくることがある

引越業者によってはIKEA家具をそのまま運ぶことでトラックの大きさが大きくなることや、解体をするにしてもリスクが高いため、高い見積もり料金を出して断ってもらう方向に促すケースもあります。

IKEA家具を運ぶ場合は妥当な値段であるかどうかを判断するために複数の引越業者に相見積もりをしてもらうことをオススメします。

IKEA家具は断られることがある?どうしたらいい?

基本的にはサカイではIKEA家具を運んでもらえますが状況によってサカイ引越センターでも断られてしまう可能性があります。

引越業者によっては大型のIKEA家具があるだけで断られてしまう場合や高額な料金を提示されてしまう可能性があります。

そのままでは引越ができませんので以下のような対応をしましょう。

  • 処分をして買い替えをする
  • 専門業者に依頼をして解体と組み立てをしてもらう

このような方法があります。

処分と買替えを検討しよう

IKEA家具の引越は断られるケースや高額になってしまう可能性が高くなります。

そこで引越を機に買い替えをすることも一つの手段です。

自治体の粗大ゴミや処分品回収業者に依頼をして処分をしましょう。

サカイ引越センターでは地域によっては家具の処分をしてもらうことも可能です。

事前に申し込みをして解体を事前にしておけば引越しのついでにサカイで処分をしてもらうことができます。

地域によって異なりますので見積もり時に確認をするようにしましょう。

専門業者を利用しよう

IKEA家具をそのまま使いたい場合は、専門業者に依頼をしましょう。

一部の専門業者ではIKEA家具を解体し、運搬・組み立てまで行ってくれます。

料金は50,000円程度の家具を引越ししたときには40,000円程度で引越をすることができます。

部品を業者が持っていることで再組み立てを可能にさせており、非常に便利なサービスですが料金が高くなってしまうので、買い替えをすることも検討しても良いでしょう。

まとめ

サカイ引越センターでは解体が困難なIKEA家具をそのまま運んでもらうことができます。

しかし家具の特性上、体積を多くとってしまうため料金が高くなってしまう可能性があります。

この記事の内容をまとめると

  • IKEA家具は解体・再組み立てを前提とした商品になっておらず解体・再組み立てができないケースが多い
  • 多くの引越業者がIKEA家具の解体を異なっており、家具によっては運搬自体も断られることもある
  • サカイ引越センターでは運搬はしてくれ、解体は可能なものなら行ってくれるが組み立ての保証はしてくれない

IKEA家具は注意点が多くありますのでまずは見積もりをしてもらい、処分を検討するか、そのまま運んでもらうかを検討してみましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント