サカイ引越センターは引越し当日に出た粗大ごみって処分してくれるの?

「引っ越し当日に出た粗大ごみってどうしたらいいんだろう?」

なんて疑問はありませんか?

引っ越しの当日って色々と不要なものがでてきますよね。

自治体のごみ回収に間に合わないということもあります。

では、引っ越し業者はごみの回収もしてくれたりするのでしょうか?

結論からいうと、サカイ引越センターでは粗大ごみの処分はしてくれます

しかし、いくつか注意点があります。

この記事では、

  • エリアによって回収できる地域とできない地域がある
  • 粗大ごみ収集料金と手数料
  • 家電リサイクル対象製品の手続き
  • 処分してもらえなかった粗大ごみはどうするべき?

などについて詳しく解説します。

サカイ引越センターで引っ越しを予定している方は是非チェックしてみてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センターでは粗大ごみの処分はしてくれる

結論からお伝えすると、サカイ引越センターでは粗大ごみの処分はしてくれます。

しかし、粗大ごみの回収はアイテムや回収エリアによって異なります。

粗大ごみの処分は基本的に処分する数日前に自治体に申請をして、指定された日に処分をする必要があります。

引越しギリギリまで使うベッドやテーブルなどの処分は、引越しの日程と合わせて処分をすることが難しいですよね。

そんな時にはサカイ引越センターで引越しと同時に粗大ごみを処分した方が良いです。

エリアによって回収できる地域とできない地域がある

粗大ごみの処分はエリアによってできる地域とできない地域があります。

それは粗大ごみの委任状があることで代理処分ができる場合に限ります。

各自治体によって粗大ごみ回収の委任ができるか定められています。

引越し業者で粗大ごみの委任が可能かどうか分かるので見積もりの時に確認をしましょう。

回収できない粗大ごみはどんなアイテム?

サカイ引越センターでは全てのゴミが処分できるわけではなく、一部処分ができないアイテムもあります。

具体例としては以下の通りになっています。

  • 生活ゴミ
  • パソコン
  • 仏壇
  • 金庫
  • 買取もできないアイテム

サカイ引越センターでは生活家電や衣料品・生活雑貨などの買取を行なっています。

不用品の中で買取ができるアイテムもあるため、段ボールに入る家電などは事前に査定をしてもらっても良いでしょう。

費用は粗大ごみ収集料金と手数料がかかる

サカイ引越センターで粗大ごみを処分してもらう場合は、各自治体が定めている粗大ごみの収集料金加えて、処分手数料がかかります。

処分の手数料は粗大ごみの量によって変わりますが、大型の粗大ごみ1つにつき3,000円程度の費用になります。

例えばベッドの場合1台1,000円~2,000円程度の粗大ごみ処分料になるので、手数料と合わせて5,000円程度の処分代金になります。

詳しい料金は見積もりの際に聞くようにしましょう。

どうやって粗大ごみの処分をお願いするの?

粗大ごみの処分をお願いする時には見積もりの時に伝えましょう。

その際に、委任状があれば代理で粗大ごみの廃棄ができるエリアでしたら引き受けてくれます。

委任状の記入に関しては住所や廃棄目的などを記入するだけになるので簡単な手続きで済みます。

粗大ごみの廃棄をするためには事前予約をする必要がある地域もあります。

当日の粗大ごみ廃棄依頼は引越し業者の粗大ごみ保管場所がないことからできませんので、見積もり時に伝えるようにしましょう。

家電リサイクル対象製品は別の手続きになる

粗大ごみ廃棄の中でも家電リサイクル法対象製品は別途料金がかかるようになります。

家電リサイクル法対象製品は以下の通りです。

  • テレビ
  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機
  • 冷蔵庫
  • エアコン

これらの製品は家電リサイクル券の購入と運搬費用を支払うことになります。

こちらも事前に見積もりの時にお願いをするようにしましょう。

家電リサイクル法対象製品の回収はいくらかかるの?

家電リサイクル法対象製品の回収は家電リサイクル代金+収集運搬料金がかかります。

メーカや大きさによって異なりますが、以下の料金目安になります。

  • テレビ→1,320円〜3,756円
  • 洗濯機→3,000円前後
  • 衣類乾燥機→3,000円前後
  • 冷蔵庫→5,000円前後
  • エアコン→990円

それに加えて収集運搬料金が一つ3,000円程度かかります。

処分してもらえなかった粗大ごみはどうするべき?

サカイ引越センターでは家庭ゴミや一部の粗大ごみに関しては回収をしてくれません。

基本的には引越しまでに廃棄できるものは、粗大ごみ回収に出してしまいましょう。

しかし、引越し当日まで利用するものがあったり、粗大ごみの回収日と引越日に合わない場合もあります。

その場合は以下の方法を取りましょう。

  • 不用品回収業者に依頼をする
  • 自治体の廃棄場まで自分で持ち込む
  • フリマアプリなどで売る

これらの方法に関しては自分の都合の良い日に調整をしやすく、費用も抑えらえる可能性もあります。

粗大ごみ回収業者の方が安い?

サカイ引越センターと粗大ごみ回収業者の回収料金ですが、結論あまり変わりありません。

粗大ごみ回収業者の費用やメリットをまとめると

  • 1品目あたりの回収料金は引越業者と変わらない
  • 回収品が多い場合、粗大ごみ回収業者であれば定額プランや乗せ放題プランがあり割安になる場合もある
  • アイテムによっては買取をしてくれる場合もある

料金に関しては数量が多くない限りは粗大ごみ回収業者もサカイ引越センターも変わりはありません。

処分したい粗大ごみがサカイ引越センター回収できる不用品だけであれば、手続きも簡単なのでサカイ引越センターに依頼をした方が楽でしょう。

料金が一番安いのは自治体での回収

料金が一番安い方法は自治体での回収です。

業者に払う運搬料金がかからないので、可能であれば自分で出すと一番費用がかかりません。

また車で運べるようであれば、自治体の粗大ごみ回収センターまで持ち込みをすると、運搬手数料がかからないので、数百円で処分ができます。

自治体によっては予約制になっているので、早めに予約をすれば引越の日程に合わせて廃棄ができるので調べてみましょう。

フリマサイトに売る方法もあり

メルカリやジモティーなどのフリマサイトやネット掲示板で売る方法もあります。

タイミングよく売る事ができれば、引越し日に合わせて出荷をしたり、購入者に取りに来てもらう事ができます。

費用がかからずお金になるメリットもありますが、うまく売れなかったり、後々トラブルになる可能性があることを考えるとあまりオススメはしません。

さいごに:サカイ引越センターで粗大ごみもまとめて処分をしよう

サカイ引越センターでは地域によって粗大ごみの回収も行ってくれ、一般的な家具であれば基本的には処分ができます。

この記事の内容をまとめると

  • サカイ引越センターでは粗大ごみの回収も有料で行っているがエリアによってできない地域もある
  • 粗大ごみの回収料金は粗大ごみ回収業者と変わりはない
  • 粗大ごみを安く処分するのであれば自分で自治体に申請して処分をする

引越し当日まで使うアイテムであればサカイ引越センターでまとめて処分をしてもらいましょう。

ぜひこの記事を参考に粗大ごみ処分の計画を立ててみてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント