【まとめ】サカイ引越センターとアート引越センターを徹底比較。どっちがおすすめなの?

「引っ越しを予定しているけど、サカイ引越センターとアート引越センターってどっちがいいんだろう?」

なんて疑問はありませんか?

引っ越し業者の大手だと思いつくのがサカイ引越センターとアート引越センターですよね。

初めて引っ越す人だと「引っ越し業者で何か違う事ってあるの?」何て疑問を思ったりもしますよね。

結論から言うと、業者によってプランなど全然違ってくるんです。

この記事では、

  • サカイ引越センターとアート引越センターの特徴の違いについて
  • 無料と有料のオプションの比較について
  • キャンペーンや特典の違いについて
  • サカイ引越センターとアート引越センターはどちらがおすすめかタイプ別に紹介

などについて詳しく解説します。

サカイ引越センターかアート引越センターで迷っている方は是非チェックしてみてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センターとアート引越センターの特徴の違いは?

サカイ引越センターとアート引越センターはどちらも業界大手の引越センターですがそれぞれに特徴があります。

その特徴と自分の引越しスタイルに合わせて選ぶことをオススメします。

はじめにそれぞれのプランや特徴を簡単にまとめたのでご覧ください。

サカイ引越センター アート引越センター
引越しプラン(家族向け) おまかせパック

  • 基本コース
  • ハーフコース
  • フルコース
引越しプラン(単身・女性・シニア向け)
  • レディースパック
  • シニアパック
  • 学割パック
法人・建替・海外向け
  • 法人コース
  • 建替コース
  • 海外コース
  • 法人コース
  • 海外コース
見積もり料金・見積もり方法
  • 無料
  • 訪問見積もり
  • 電話見積もり
  • LINE見積もり
  • ビデオ通話見積もり
  • 訪問見積もりでお米プレゼント
  • 無料
  • 訪問見積もり
  • 電話見積もり
  • LINE見積もり
  • ZOOM見積もり
  • 訪問見積もり時ボックスティッシュプレゼント
有料オプションサービス
  • エアコンなどの電気工事
  • エアコンクリーニング
  • アートエプロンサービス(収納や衣替えのお手伝い)
  • 除菌サービス
  • ハウスクリーニング
  • ハウスコーティング
  • カーボンシート敷き込み
  • ピアノ輸送・調律
  • 車両陸送
  • 資材回収
  • 家具の一時預かり
無料サービス
  • 家具クリーンサービス
  • クリーンソックスサービス
  • ふたつよろしくサービス(近所へのご挨拶サービス)
  • 家具移動サービス
  • ワンストップサービス(新聞などの住所変更)
  • 耐震マットプロセブンの設置(マット代3,150円は実費)
ダンボール回収 有料(税込3,300円) 有料(税込3,000円)
支払い方法 現金クレジットカード 現金・クレジット・QRコード決済

サカイ引越センターとアート引越センターのプランの特徴

サカイ引越センターとアート引越センターではプランにそれぞれ特徴があります。初めに簡単特徴をまとめると

  • サカイ引越センター・・・プランが細かく分かれており、客層のニーズに合わせたプランを組みやすい
  • アート引越センター・・・プランは少ないが、無料サービスが充実している。またレディースやシニアパックなど他の引越業者にはないプランがある

それぞれに良いところがあるので、自分のニーズにあったプランがある方を選択することをオススメします。

サカイ引越センターのプラン

サカイ引越センターの引越しプランを簡単にまとめると

プラン名 プラン内容
らくらくコースプレミアム 荷造りから荷解きまで全て行ってくれ、ダスキンによるお掃除サービスもあり
らくらくAコース 荷造りから荷解きまで全て行ってくれる
らくらくBコース 荷造りはサカイが行い、荷解きは自身で行う
らくらくCコース 食器の荷造りをサカイが行い、他は梱包から荷解きまで自身で行う
せつやくコース 梱包から荷解きまで全て自分で行う
ご一緒便コース 家財が少なく、引越し日に制約がない人向けの節約コース
小口引越便コース 単身で家具がなくボックスのみの引越向けの節約コース

このようにコースが細かく分かれているので、値段と作業のバランスを考えてプランを考えることもできます。

また単身者向けには価格が抑えやすいプランも用意されている部分ではメリットが大きいです。

アート引越センターのプラン

アート引越センターのプランの内容を簡単にまとめると

プラン名 プラン内容
おまかせパック 基本コース 荷造りや荷解きは自分で行う費用を抑えたプラン
おまかせパック ハーフコース 荷造りはアートスタッフが全て行ってくれるプラン
おまかせパック フルコース 荷造りも荷解きも全て行ってくれるプラン
レディースパック 女性スタッフだけで行うおまかせパック
シニアパック 60歳以上の方向けパック。「暮らしの整理士」が事前訪問し、整理整頓や引越に関するアドバイスをする
学割パック 学生限定割引価格になる。カーテンを1セットプレゼント

アート引越センターの場合、利用者がストレスなく引越ができるようにサービスを充実させているプランになっていることが特徴です。

特に「レディースパック・シニアパック」はオプションプランでは他の引越業者にはない、女性やシニアの悩みに応じた特別なプランになっています。

無料のオプションと有料オプションの比較

引越代金は以下の3つの点で基本料金が定められています。

  1. 人件費
  2. トラックの大きさ
  3.  運送距離

これらにおける基本料金はどの引越業者も基本的には大きな違いはないです。

そこで差が出てくるポイントしてはオプション料金なのです。

オプションが無く、簡単な見積もりでは引越料金が安いもののオプション代がかなり高くなるケースもあります。

それぞれの特徴として

  • サカイ引越センター・・・基本パック内のオプションは少ないため、オプション料金が追加でかかってしまう可能性がある
  • アート引越センター・・・基本パックないのオプションが充実しているため追加オプションはあまり必要がない

このような特徴があります。ではそれぞれ詳しく解説していきます。

サカイ引越センターのサービスとオプションの特徴

サカイ引越センターでは無料のオプションが梱包資材のレンタルのみとなっております。

実は今では当たり前になっているダンボールの無料配布を始めたのはサカイ引越センターなのです。

その名残でサカイ引越センターではダンボール以外にもハンガーケースシューズボックス布団袋など引っ越しに必要な梱包資材は無料で用意をしてくれます。

自分で引越作業を進められる方であればこれでも十分です。

その分サカイ引越センターでは費用を抑えることもできます。

サカイ引越センターの有料オプション

サカイ引越センターでは有料オプションも充実しています。

梱包や荷解きをしてもらいたい時はらくらくパックを申し込めば問題ないです。

また多くの引越業者が行っているハウスクリーニングなどのオプションは勿論、不用品の買取サービス粗大ゴミや家電リサイクルといった不用品の処分を代行してくれます。

特に粗大ゴミ回収は受け付けていない業者も多いので、引越と同時に家具や家電もまとめて処分をしたい方はサカイ引越センターが楽でしょう。

アート引越センターのサービスとオプションの特徴

アート引越センターは無料でのオプションサービスが多く、他の引越業者では有料オプションになるようなことを無料で行ってくれます。

例えば、

  • 家具クリーンサービス(搬出時に家具の拭き掃除)
  • 家具移動サービス(引越し後1年以内であれば家具移動が無料でできる)
  • 耐震マットの設置
  • ワンストップサービス(住所変更などの引越し手続きの代行)

このようなサービスを無料でできるので、基本的パックの選択以外はあまりオプションは必要ないかもしれません。

また引越し作業時は新しい靴下に履き替えるなど小さな気配りから行っているのも特徴です。

アート引越しセンターの有料オプションの特徴

アート引越センターでは他の引越業者も行っている有料オプションの他クオリティの高い有料オプションが用意されています。

例えば

  • 部屋の整理整頓や衣替えを手伝うアートエプロンサービス
  • ハウスクリーニング・ハウスコーティング
  • 調湿性に優れたカーボンシートの敷き込み
  • ピアノの調律
  • 除菌サービス

このようにキメの細かくクオリティの高い有料オプションも行っています。

新居での生活を快適にしたい方には非常におすすめです。

ファミリー世帯やシニア世帯といった引越し作業の負担が多い方にはアート引越センターの有料オプションは重宝できるでしょう。

キャンペーンや特典はどんなものがあるの?

サカイ引越センターとアート引越センターにはそれぞれ割引やプレゼントのキャンペーンがあります。

各社キャンペーン比較 サカイ引越センター アート引越センター
キャンペーン内容
  • 訪問見積もりでお米(ひとめぼれ)1kgプレゼント
  • ポンタポイントキャンペーン
  • WAONポイントキャンペーン
  • 楽天ポイントキャンペーン
  • お友達紹介でお米プレゼント
  • HPからの見積もり申し込みで基本料金30%OFF(2021年8/31まで)
  • ミニオン・トラック収納ボックスプレゼントキャンペーン
  • 引越し待ち割キャンペーン

サカイ引越センターはカードのポイントなども貯められるため、貯めているポイントがあれば宇を利用するのも良いでしょう。

各社時期に応じて割引キャンペーンも行っていますので比較しながら検討をすることをおすすめします。

また、所有しているクレジットカード会社の割引キャンペーンなどもあるので、そちらも調べてみても良いでしょう。

サカイ引越センターとアート引越センターはどちらがおすすめ?タイプ別に紹介

引越作業は重労働なので、自分の作業負担や予算を考えて引越業者を考えた方が良いでしょう。

単身とファミリーだと選ぶべきプランや引越業者も変わってきます。

例えば単身で荷物が少ない方は費用を重視しても良いでしょう。

一方でファミリー層で荷物が多い方や忙しい方は、お金をかけてでも引越作業を任せられた方がコストパフォーマンスが良いかもしれません。

自分がどちらの方が合うのか悩んでいる方はこのまま読み進めてください。

単身者ならどっちがおすすめ?

単身で荷物が少ない方はサカイ引越センターをおすすめします。

サカイ引越センターは荷物が少ない単身向けのプランが充実しており、引越日に融通が効く方や家財がほとんどない人にはご一緒便コース小口引越便コースといった格安コースが用意されています。

時期や距離・トラックの大きさによって変わりますが、同一地域内であれば最安値で3万円を切る時期もあります

一方、同じ時期でもアート引越センターでは安くても35,000円程度とややアートの方が高い傾向があります。

サカイ引越センターのらくらくプランでは、業者梱包を大変なお皿だけ手伝ってもらうなど部分的な梱包依頼もできます。

アート引越センターでは一部梱包といったプランがないので、作業も費用も抑えたい方にもサカイ引越センターはオススメです。

ファミリーならどっちがおすすめ?

ファミリーの場合はサービスが充実しているアート引越センターがオススメです。

アート引越センターの場合、他の引越業者では作業員2名でやるところを3名でやるなど、スピーディ且つ丁寧な対応をしてくれます。

おまかせパックのハーフコースやフルコースでは梱包や開梱もしてくれるので非常に引越作業が楽になります。

値段はサカイ引越センターと比較すると高くなる傾向がありますが、無料オプションも充実している点でコストパフォーマンスが非常に高いです。

ゴミの処分までやってもらいたければサカイ引越センターがオススメ

ファミリー世帯では家具の買い替えなどで粗大ゴミがでがちです。

アート引越センターでは粗大ゴミ処分は受け付けておりません。

しかしサカイ引越センターでは家庭ゴミ以外は有料で処分をしてくれます。

また買取サービスもあるので処分するアイテムが多く面倒な方はサカイを検討してみても良いでしょう。

学生だったらどっちがおすすめ?

学生の場合はサカイとアートの見積もり比較をしてみましょう。

家具家電がなくほとんど荷物がない場合サカイの小口便で安く運べる可能性があります。

一方でアートでは学割サービスがあるため、荷物が多い場合はアートの学割の方が安いケースもあります。

プランによって値段の差が異なる

引越業者の基本料金は主に「人件費・トラックの大きさ・距離」による金額は各社大きく変わりません。

そこで基本プランやオプションサービスによって大きく差が出てきます。

ユーザーのニーズによって各社の料金が異なってくるので全てのプランがどちらかが安いということはありません。

プラン毎に見積もりをとって費用と作業のバランスを考えて業者を決めることをオススメします。

まとめ:見積もりをして比較検討しよう

サカイ引越センターとアート引越センターの特徴を解説しました。

それぞれ特徴があるので自分の予算や作業に合わせて引越業者を選びましょう。

最後にこの記事の内容をまとめると

  • サカイ引越センターはプランが細かく分かれており、費用を抑えながら自分に合ったプランを組みやすい
  • アート引越センターはプランが少なく値段も高い傾向があるが、サービスのクオリティが高く引越作業を楽にしたい人にとってコストパフォーマンスが良い
  • 引越の料金はプランによっても大きく変わってくるので、プラン毎に各社見積もりを取ることをオススメ

ぜひこの記事を参考に自分に合った引越業者を見つけてみてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント