サカイ引越センターは冷蔵庫の処分や引き取りをしてくれるの?

サカイの基本情報

「引っ越しを機に冷蔵庫を処分したいんだけどどうしたらいいんだろう?」

何て疑問はありませんか?

古い冷蔵庫を使用している場合、引っ越しを機に買い替えたりということもありますよね。

冷蔵庫を運ぶことが難しいですが、どのように処分したらいいのでしょうか?

「サカイ引越センターで冷蔵庫を処分してもらえたらなあ…」

なんて思ったりもしますよね。

結論から言うと、サカイ引越センターは冷蔵庫の処分をしてくれます

ただ、注意点もあります。

この記事では、

  • 冷蔵庫の処分費用はいくらか
  • 冷蔵庫を処分する時にしておくこと
  • サカイ引越センター以外で冷蔵庫を処分する方法

などについて詳しく解説します。

冷蔵庫の処分を予定している方は是非チェックしてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センターは冷蔵庫の処分をしてくれる

サカイ引越センターは冷蔵庫の処分や引き取りをしてくれます。

冷蔵庫の処分をしてもらいたい場合は見積もりの際に必ず伝えるようにしましょう。

冷蔵庫の処分は家電リサイクル法で定められており有料での回収になります。

この場合どの引越業者においても一定の金額がかかるのでサカイ引越センターで引越のついでに行ってもらうことが一番手間がかからないでしょう。

冷蔵庫の処分費用はいくらなの?

冷蔵庫の処分費用はおよそ10,000円程度の費用がかかります。

内訳として「家電リサイクル料金+収集運搬費用」の合計になります。

家電リサイクル料金や収集運搬費用は冷蔵庫の大きさによって異なり、サカイ引越センターでは収集運搬費用が1品目に対して3,000円〜5,000円程度かかります。

家電リサイクル代金は冷蔵庫の大きさによって異なり、

  • 170L以下→3,740円
  • 171L以上→4,730円

これらの料金がかかります。家電リサイクル代金は法律で定められた料金になるので一律の料金です。

冷蔵庫の大きさは冷蔵庫の内側の商品情報に記載されているので調べてみましょう。

冷蔵庫を処分する時にしておくことはある?

冷蔵庫を処分してもらうときにしておくことは引越前日に冷蔵庫の中身を空にして電源を抜いておくことです。

なぜなら前日に冷蔵庫の電源を切っておかなければ、引越の運搬中に冷蔵庫の中の霜や結露が漏れ出てしまうことがあるからです。

その結果家財を水に濡らしてしまう可能性があります。

引越当日は他の家財と一緒にトラックに一度入れてしまいます。

当日の水抜きなどの作業は業者の方が行ってくれるので前日の夜には電源だけ抜くようにしましょう。

サカイ引越センター以外で処分する方法は?

サカイ引越センター以外で処分をする方法はいくつかあります。

サカイ引越センターの処分費用は相場通りの値段ではありますが、処分費用をできるだけかけない方法もあるので確認をしておきましょう。

  • 不用品回収業者に依頼をする
  • 購入店で回収してもらう
  • 冷蔵庫買い替えをする
  • 自分で回収所に持っていく
  • 他の人に譲る
  • 出張買取をしてもらう

これらの方法があります。

特に冷蔵庫の年式が新しい場合は買取をしてもらうこともオススメです。

不用品回収業者に依頼をする

引越日より前に冷蔵庫を処分してしまう場合や処分したいゴミが多い場合は不用品回収業者を利用することもオススメです。

しかし冷蔵庫単品での回収費用相場は5,000円〜10,000円程度になっており、サカイ引越センターで回収してもらうのとほとんど値段が変わりませんのでメリットが少ないです。

不用品回収業者の場合、軽トラック1台単位でパック料金になっている業者もあります。

冷蔵庫のほかに家具や家電の処分が多いのであれば不用品回収業者の方が割安になるパターンもあります。

購入店で回収をしてもらう

冷蔵庫を購入したお店であれば処分をお願いすることも可能です。

しかしその場合でも家電リサイクル料金+収集運搬費用がかかり、サカイ引越センターで処分する料金と変わりがありません。

買い替えを検討している場合では引越前後に買い替えの検討をしましょう。

家電量販店では買い替えの場合、家電リサイクル料金のみで収集運搬費用は配送料と一緒になる場合が多いです。

家電量販店によっては大型家電は配送料が無料の店舗もあるのでそのような店舗で先に買い替えを済ませてしまうこともオススメです。

自分で回収所に持っていく

自分で自治体に定められた回収所に持っていけば収集運搬料金を削減することができます。

その場合は家電リサイクル料金のみの費用になります。

小さな冷蔵庫で自分の車で運べる大きさであれば問題ないですが、大型の冷蔵庫だと運搬が困難になりますので現実的ではありません。

他の人に譲る

状態の良い冷蔵庫であれば友人やフリマアプリを利用して譲ることで費用をかけない方法もあります。

費用がかからないことやお金を貰えるメリットはありますが、デメリットも大きいので注意をしましょう。

  • 故障をしたときの対応が困難
  • 相手が必ず引き取ってくれるとは限らない
  • 引き取り手が見つからないことがある

このようなデメリットがあります。

冷蔵庫は運搬の方法が悪いと故障をする可能性もあります。

また約束した相手が引き取り当日来なかったり、引き取り手が見つからない場合もあります。

そのようなトラブルが起きたときの対応が困難になるのでそのリスクを踏まえた上で行いましょう。

出張買取をしてもらう

年式が新しい冷蔵庫であれば出張買取をしてもらうこともオススメです。

買取業者であれば買取可能な商品であればその場で現金買取をしてくれます。

出張費や回収費用がかからないので買取条件に当てはまった冷蔵庫を持っているようであれば出張買取をしてもらっても良いでしょう。

その場での回収になりますので、事前に冷蔵庫を空にして掃除をし、取扱説明書や付属品をしっかり揃えておくと査定額が高くなりやすいです。

出張買取の条件はある?

出張買取をしてもらう場合は、地域や家電の製造年・メーカーなどの条件がある場合があります。

例えばリサイクル業者大手のトレジャーファクトリーでは以下のような買取条件があります。

  • 家電は製造年式10年以内
  • 故障をしていない
  • 2ドア冷蔵庫は7年以内
  • 全国対応しているがエリアによっては対応できない場合もあり

このような条件があります。

買取できないアイテムの処分は行っていませんので注意をしましょう。

また戸建ての2階やメゾネットタイプの2階にある場合は、階下までの運搬は自身で行うことになります。

まとめ

サカイ引越センターでは冷蔵庫の処分を行ってくれます。

処分費用はおよそ1万円程度になっており、相場通りの回収費用になっています。

この記事の内容をまとめると、

  • サカイ引越センターでは冷蔵庫の引き取りができ、家電リサイクル料金と収集運搬費用がかかる
  • サカイ引越センター以外での処分方法もいくつかあり、年式が新しければ買取がオススメ
  • フリマアプリの利用はリスクが高いので、安い買取価格でも買取業者の出張買取がオススメ

買取ができない冷蔵庫の場合はサカイ引越センターで引き取りをしてもらったほうが手間がかかりません。

家電の処分を検討している場合はぜひサカイ引越センターを検討してみてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント