サカイ引越センターでは最短何日で引っ越しできる?退去から入居まで解説

サカイの基本情報

「直ぐにでも引っ越しをしたいんだけど、何日くらいあれば引っ越しできるのかな?」

何て疑問はありませんか?

転勤など様々な理由で直ぐに引っ越しをしなければいけないことってありますよね。

でも直ぐに引っ越すといっても最低でもどのくらいの日にちがかかるのでしょうか?

「サカイ引越センターだと最短で何日くらいで引っ越しできるのかな…」

なんて思ったりもしますよね。

結論から言うと、サカイ引越センターでは最短3日を目安に引っ越しができます

ただ、注意点もあります。

この記事では、

  • 引っ越しの目安は最短3日
  • 最短で引っ越しをする手順
  • 最短で引っ越しする場合の注意点

などについて詳しく解説します。

直ぐにでも引っ越しをしたい方は是非チェックしてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センターでは最短3日を目安に引っ越しができる

サカイ引越センターでは引っ越しの最短目安がおよそ3日です。

あくまでも目安であり、それよりも早くできる場合や遅くなる場合もあります。

営業所によっても引っ越しの最短日も変わってくるので、急な引っ越しになった場合は事前に電話で最短日を確認するようにしましょう。

荷物が少ない単身で同じ都道府県や近隣都道府県といった距離が近い場合は申し込みから3日以内で引っ越しができる場合があります。

一方で荷物が多い場合や引っ越しの距離が遠い場合は3日以上日にちがかかるケースもあります。

引っ越しの条件によって最短日も変わってくる

最短の日付は引っ越しの条件によって変わってきます。

  • 引っ越し地域
  • 引っ越し時間
  • 引っ越しシーズン
  • トラックの空き
  • スタッフの空き
  • 荷物量

これらの条件が合えばトラックとスタッフが空いている限り早く引っ越しをすることができます。

特に閑散期の場合はトラックが空いている場合が多いので最短で引っ越しがしやすいです。

またトラックの台数が多い関東圏や人口が多い地方都市のエリアの場合、同じエリア内での引っ越しであれば最短で引っ越しをすることが可能です。

繁忙期は時間がかかる

繁忙時期はトラックやスタッフが空いていない可能性が高いです。

特に土日の引っ越しといった条件になってしまうと1週間以上時間がかかってしまう可能性もあります。

繁忙時期で可能な限り早く引っ越しをしたい場合は日時を指定しないといった方法を取らなければなりません。

料金は高くなるの?

最短で引っ越しをする場合、サカイ引越センターでは特別料金が高くなることはありません。

サカイ引越センターの引っ越し料金はサービスの質を落とさないために格安料金ではありませんが、相場通りの値段設定がされています。

最短になるからといって高く料金が見積もられることはありません。

他の引っ越し業者と比較して相見積もりをすることができないので時間をかけて値段交渉をすることはできないデメリットはあります。

単身専用のササッっと予約では4日でできる

サカイ引越センターではWeb上で訪問見積もりなしの引っ越しができる「ササッっと予約」といった24時間受付をしている単身限定の予約サービスがあります。

こちらは単身限定で荷物量や引っ越し地域が限られますが、申込日から最短4日後から予約をすることができます。

料金に関しても画面上に表記されており、およそ単身での引っ越しの相場料金になっています。

予約も最短で1分ほどでできるので急遽単身での引っ越しが決まった場合はこちらを利用してみましょう。

最短で引っ越しをする手順

急な引っ越しになった場合に最短で引っ越しをするための手順をまとめていますので、これらを確認しながら漏れがないように引っ越し準備を進めていきましょう。

  1. 部屋の退去申告をする
  2. 新居を見つける
  3. 引っ越し業者を見つける
  4. ライフラインの契約変更をする
  5. 役所に住民票の変更届を出す

これらを最短1週間程度で行うようになります。

初めて引っ越しをする場合は部屋探しと引っ越し業者を見つけることからスタートになります。

引っ越し業者が早く手配できたとしても入居やライフラインの手続きにそれ以上時間がかかる場合もあるので余裕を持って進めるようにしましょう。

新居の契約に1週間程度時間を持とう

実際に引っ越しをするとなった場合、賃貸の解約や契約も含めると最短でも1週間程度かかってしまいます。

即入居可能な物件でも管理会社の審査によって最短でも3~4日程度かかってしまいます。

審査結果も休日などでその日付通りに出るとは限りません。

また新居の契約に書類も必要になってきます。

物件によって異なりますが、

  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 収入証明書類
  • 連帯保証人承諾書

など必要書類を揃えることも含め1週間は最短でも見ておきましょう。

退去の申告はできるだけすぐに行おう

現在住んでいる物件の退去申告はできるだけすぐに行うようにしましょう。

退去の通知を物件によっては30日前までに行わなければ家賃が発生するといった契約になっているケースもあります。

退去するだけなら問題はありませんが、日割り家賃計算で損をしてしまう可能性もありますので引っ越しがわかったらすぐに管理会社に連絡をするようにしましょう。

引っ越し地域がわかったらすぐに業者に見積もりをする

引っ越しの地域がわかったらすぐに引っ越し業者に見積もり依頼を出しましょう。

住所が具体的に決まっていなくても地域が分かれば引っ越し業者もトラックを手配することができます。

単身で会社の寮などで引っ越し先の住所がわかっているようであれば見積もりなしのWeb予約などを活用すると良いでしょう。

少しでも安く引っ越しをするなら相見積もりを取る

「直ぐにでも引っ越しをしたいけど、少しでも引っ越し費用を押さえたい…」

ということもありますよね。

でも、複数の業者に見積もりの依頼をしていると時間がかかってしまいます。

そこで便利なのが引っ越し料金の一括見積もりサイトになります。

1分程度の入力で大手の会社から中小会社まで100社以上の中から見積もりを取り、比較することができます。

「でも、引っ越し料金の一括見積もりって不安…」

という方も多いと思います。

そこで評判が高いのは上場一部のリクルートが運営しているSUUMOの一括見積もりサイトになります。

テレビCMでも有名ですよね。

SUUMOの一括見積もり電話の登録が不要なのでネット上で見積もりを取ることも可能です。

どのくらいの金額が相場なのかを知るためにも一度利用してみるといいでしょう。

最短で引っ越しができる引っ越し業者を見つけることができる場合もあるでしょう。

利用料は無料になります。

詳しくはこちらをご覧ください。

SUUMOの一括見積もりを試しに見てみる(無料)

ライフラインの解約と契約を進める

引っ越し先でライフラインが使えないと日常生活が送ることができないのですぐに契約をしましょう。

また現在住んでいるところの解約も忘れないようにしましょう。

  • 電気
  • 水道
  • ガス
  • インターネット

これらの手配をすぐに行います。

ライフラインも最短で3日程度で契約をすることができます。

水道や電気は入居後すぐに利用できますが、ガスに関しては立ち合い後に利用開始になる地域もあるので可能な限り早く契約をしましょう。

引っ越し当日にやること

引っ越し当日は基本的にサカイ引越センターの方に任せれば問題ないです。

  • 部屋の掃除
  • 家財の梱包忘れがないかの確認
  • 管理会社による立ち合い
  • ライフラインや転出届・郵便転送サービスの届出の忘れがないかの確認

これらがあります。急な引っ越しになった場合家財の梱包忘れが発生しやすいです。

キチン周りや洗面所の棚などに梱包忘れがないか確認をしましょう。

退去後に管理会社による立ち合いがあるので簡単な掃き掃除や汚れがひどい部分の掃除をしておくと良いでしょう。

自分でつけた家電を忘れないようにしよう

賃貸の場合退去時に、入居時と同じ状態にしなければなりません。

入居後に自分でエアコンやコンロ・ウォシュレットなどをつけた場合は取り外しをする必要があります。

電気工事が必要な場合は別で業者を手配して取り外しをする必要があるので注意をしましょう。

場合によってはそのままつけた状態でも構わない管理会社もありますので、手配を忘れた場合は一度相談をしてみましょう。

最短で引っ越しする場合の注意点

最短で引っ越しをする場合の注意点は以下の点です。

  • ライフラインの解約の忘れ
  • 役所に届け出などをする時間がない
  • 郵便の転送サービス申し込み忘れ
  • 新居が決まらない
  • 引っ越し予定日に引っ越しができない

このような点があります。

その場合は新居に必要になるものだけ優先的に準備をするようにしましょう。

解約関係は後からでもできる

これまで利用していたサービスの解約は引っ越し後でも可能です。

特に近距離での引っ越しの場合、時間がなければ後から行っても良いでしょう。

  • 部屋の解約
  • 退去した住居の立ち合い
  • ライフラインの解約
  • 役所への転出届

引っ越し先が比較的近く休日に戻って来られる場合はこれらを後から行っても良いでしょう。

余計な費用がかかってしまいますが、時間がない場合はまずは新居に引っ越しするための準備を優先的に行うことをお勧めします。

郵便の転送サービスは事前にしておこう

郵便の転送サービスは引っ越し前に行っておきましょう。

大事な郵便物が旧居に届いてしまって新居に届かないことを防ぐためです。

引っ越し経験が少ない方は忘れがちになりますが、カード情報などの住所変更などをする前に転送サービスを登録しましょう。

転送サービスを利用すれば1年間は旧居に届く郵便物が新居に届くので後からクレジット情報などを変更すれば問題ありません。

新居が決まらない場合どうしたらいい?

日程が急になってしまうと入居審査に落ちてしまったり、間に合わず入居予定日に家が決まらない場合もあります。

その場合は引っ越し日を遅らせてホテル暮らしをするなどを検討しましょう。

引っ越し業者によっては有料で荷物を預かってくれるサービスもあります。

サカイ引越センターでは荷物の預かりはしていない

サカイ引越センターでは住宅のリフォーム以外での家財の預かりサービスを行なっておりません。

引っ越し日と退去日が決まってしまった状態で新居に入居できない場合はコンテナを借りるなどで対応をしましょう。

サカイ引越センターの場合、顧客が借りたコンテナへの運び入れをすることはできます。

そして入居ができるようになったら再度コンテナから新居へ運び入れるようになります。

引っ越し予定日に業者が手配できない時はどうすればいい?

繁忙期の場合、急な引っ越しに対応できない場合があります。

3月や4月では土日での引っ越しは1ヶ月以上前から予約をしていなければできないでしょう。

その場合の対処方法は以下のようになります。

  • 退去日を遅くする
  • 大型の家具以外の小物を宅急便で送る
  • 大型家具・家電は旧居へ置き後から運ぶ

このような方法になります。

家財は旧居に置いておき、新居に必要な小物類だけ宅急便で送る手もあります。

家賃がかかってしまいますが、退去日を遅らせて大型家具家電の搬送ができる日取りまで退去日を遅くすることも検討しても良いでしょう。

大型家具家電は処分をする

引っ越し先が遠く退去の立ち合いや大型家具の搬送を後からできない場合は、大型の家具家電を処分することも検討しましょう。

料金はかかってしまいますが廃品回収業社に依頼をして大型家財を処分し、小物類だけ宅急便で送ることも可能です。

新居でまた必要な家具を買い替えをしても良いでしょう。

まとめ

サカイ引越センターでは最短で3日で引っ越しをすることができます。

営業所や引っ越し条件によっても変わってくるので、急な引っ越しが決まった場合はすぐに電話で確認するようにしましょう。

  • 最短で引っ越しする場合は時期や条件によって最短日が大きく異なる
  • サカイ引越センターの「ササッっと予約」では単身・地域限定で最短4日でのweb予約もできる
  • 最短で引っ越しする場合は住居やライフラインの手続きで最短でも1週間は時間がかかる

急な引っ越しは単身で行うケースも多いので、その場合はサカイ引越センターのweb見積もりを利用してみることをオススメします。

ぜひこの記事を参考に引っ越し準備を進めてみてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント