サカイ引越センターで洗濯機の取り付けや取り外しはしてくれるの?料金の相場は?

サカイのオプション別料金相場

「サカイ引越センターで洗濯機の取り付けってしてくれるの?」

「洗濯機の取り付けをしてもらったら料金はどのくらいかかるの?」

なんて疑問はありませんか?

サカイ引越センターは、洗濯機の取り外し作業や取り付け作業を行ってくれます。

しかし、取り付けや取り外しの料金は有料になります。

この記事では、

  • 洗濯機の取り付けは専門業者がしてくれることについて
  • 洗濯機の取り付け・取り外しの料金について
  • その他の追加費用について

などについて詳しく解説します。

サカイ引越センターで引っ越しを検討している方は是非チェックしてみてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思って引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「SUUMO引越し見積りサイト(無料)」が便利です。

SUUMOは一部上場企業のリクルートが運営しているサイトで、電話登録が不要で迷惑電話が来ないのも安心です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)



サカイ引越センターの洗濯機の取り扱いは?

洗濯機の取り外しと取り付けは、厄介な引越し作業のひとつです。
取り外しの際に水抜きが不十分だと、輸送中に水が漏れて荷物が濡れてしまいます。
また、洗濯機の取り付けに不備があれば、大量の水漏れが発生してしまいます。

サカイ引越センターには、洗濯機の取り外し・取り付け作業を依頼することができます。

取り付けは専門の別業者が行う

洗濯機の取り扱いで最も重要なのが、取り付け作業です。

洗濯機の設置はプロに依頼するのがおすすめ

配水ホースや給水ホースの接続に不備があると、大量の水漏れが発生してしまいます。
水漏れが起こると、自室だけでなく階下の住人にも多大な迷惑がかかります。
洗濯機の取り付け作業は自分で行うことも可能ですが、慣れていない場合は業者に依頼することをおすすめします。

サカイ引越センターに依頼すると専門業者が設置してくれる

サカイ引越センターに洗濯機の取り付けを依頼すると、引越しのスタッフではなく、提携している専門業者が作業を行ってくれます。
作業を行うのは、「株式会社エレコン」というサカイ引越センターのグループ企業です。
エレコンは電気工事の専門業者であり、洗濯機だけでなくエアコンの取り外しや設置も行っています。

洗濯機の設置は、オプションサービスになるため有料です。
しかし、専門業者が作業を行ってくれるため、安心して任せることができます。

取り外しは引越しスタッフが行ってくれる場合が多い

洗濯機は、移動する前に「水抜き」が必要です。
洗濯機の内部には水が溜まっており、事前に水抜きをしないと輸送中に水漏れする恐れがあります。

水抜きには少し時間がかかるため、引越し作業の前に顧客が自分で行うのがおすすめですが、そうした作業を業者に依頼することもできます。

サカイ引越センターに洗濯機の取り外しを依頼した場合、一般的な洗濯機であれば、引越しのスタッフが行ってくれるケースが多いです。
ただし、洗濯機が特殊な場合などは、設置時と同じく専門業者が行う場合があります。
料金に関しては、引越しのスタッフが行えば無料ですが、専門業者が行う場合は追加料金が必要です。

取り外しに関しては、場合によって作業者や料金が異なります。
洗濯機の取り外しをサカイ引越センターに依頼したい場合は、追加料金の有無や金額を、見積もりの際にしっかりと確認するようにしましょう。

洗濯機の取り外し・取り付けの料金は?

洗濯機の取り外し・取り付けを専門業者が行う場合は、オプションサービスになるため追加料金がかかります。

取り外しを専門業者が行う場合の料金

洗濯機の取り外しを専門業者に行ってもらう場合の費用は、「1,500円から3,000円程度」が一般的です。
特殊な洗濯機の場合は、より料金が高額になるケースもあります。

なお、取り外し作業をサカイ引越センターのスタッフが行う場合は、追加料金はかかりません。

洗濯機の設置料金の相場

洗濯機を取り付ける場合の基本的な料金は、洗濯機の種類によって異なります。

洗濯機の種類 設置料金(税別)
縦型 4,000円
ドラム式 6,000円

ドラム式の洗濯機は、一般的な縦型の洗濯機に比べて設置料金が高額です。
なお、サイズが大きい製品の場合は、より料金が高くなる場合があります。

追加料金が必要になるケース

洗濯機の設置の際に、業者に追加の作業を依頼すると、追加料金が必要になります。
洗濯機の設置料金は4,000円から6,000円程度ですが、追加料金がかかると費用が高額になります。

洗濯機の「かさ上げ工事」

洗濯機の下に台を置いて、洗濯機の位置を高くする工事を「かさ上げ工事」といいます。
かさ上げ工事は、以下のような理由で行われます。

  • 洗濯機が大きく防水パンに入りきらない
  • 洗濯機と排水溝の高低差をつくって水がうまく流れるようにする
  • 洗濯機の下のカビ防止
  • 防水パンを掃除しやすくする
  • 防振マットを使用して動作音を軽減する

引越しで洗濯機を設置する際に、かさ上げ工事を依頼すると、その分の追加料金がかかります。
料金は、洗濯機や台の種類によって異なりますが、数千円程度が一般的です。

給水ホースや排水ホースの交換

給水ホースや排水ホースが傷んでいる場合、交換を業者から勧められる場合があります。
そうしたホースの交換を依頼すると、追加料金がかかります。
料金はホースの長さなどによって異なりますが、2,000円程度が一般的です。

なお、担当者によっては、傷んでいないホースの交換を勧めてくる場合があります。
古い洗濯機の場合は交換するのもいいですが、ホースはそう簡単に劣化するものではありません。
新しい洗濯機の場合は、交換を断ってもよいでしょう。

洗濯機の水抜き方法

洗濯機を運ぶ前には、水抜きが必要です。
水抜きには少し時間が必要なため、引越しの前に自分で行っておくのがおすすめです。

水抜きの手順は機種によって異なる場合があるため、作業を行う際には取扱説明書を確認しましょう。
一般的な水抜きの手順は、以下の通りです。

  1. 給水ホースがつながっている蛇口をしっかり締める
  2. 空の状態で洗濯機のスタートボタンを押すと、給水ホースの水が抜ける
  3. 給水ホースを外して電源を切る
  4. 再度電源を入れて、脱水のみを手動設定して実行(一番短い時間でOK)
  5. 脱水が止まったらフタを開けて、洗濯槽の水分をタオルでふき取る
  6. 排水ホースを取り外して、内部の水分をすべて流す

ホースを取り扱う際に水が漏れる可能性があるため、タオルなどを用意しましょう。

以上のような手順は、サカイ引越センターの担当者も教えてくれます。
また、引越しの当日にスタッフに手伝ってもらうこともできます。
しかし、それほど難しい作業ではないため、余裕があれば自分で行っておくと、引越し当日の搬出がスムーズになります。

さいごに

洗濯機の取り付けや取り外しを、サカイ引越センターに依頼することができます。

取り付け作業は専門業者が行い、料金は「4,000円から6,000円(税抜)」程度です。
ただし、ホースの交換などの追加工事を依頼した場合は、より料金が高くなります。

取り外しはサカイ引越センターのスタッフが手伝ってくれる場合が多いですが、専門業者が行うケースもあります。
専門業者が取り外しを行う場合の費用は、「1,500円から3,000円程度」が一般的です。

洗濯機の取り付け作業に不備があると、大量の水漏れの原因になります。
ある程度の費用はかかりますが、作業に慣れていない場合は、専門業者に設置を依頼することをおすすめします。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思って引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「SUUMO引越し見積りサイト(無料)」が便利です。

SUUMOは一部上場企業のリクルートが運営しているサイトで、電話登録が不要で迷惑電話が来ないのも安心です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)



コメント