サカイ引越センターは原付も運んでくれるの?料金の相場は?

サカイの基本情報

「引っ越し先まで原付も運んで欲しいけどサカイでは輸送してもらうことはできるの?」

何て疑問はありませんか?

サカイ引越センターでは原付の陸送サービスがあるので、荷物と一緒に運んでもらうことが可能です。

原付を運んでもらった際の料金の相場は時期や距離にもよりますが、3万円~5万円程度と言われています。

この記事では、

  • サカイ引越センターで原付を運ぶメリット
  • 原付を運んでもらうといくらかかるの
  • 原付は何日くらいで届くのか
  • 原付を運んでもらう際の注意点

などについて詳しく解説します。

引っ越し先に原付を運んでもらおうと検討している方は是非チェックしてみてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センターでは原付を運んでくれるの?

前述したとおり、サカイ引越センターでは原付も運んでくれます。

しかし通常の引越トラックには入れることができず、車両陸送として別で送る形になります。

自転車に関しては無料で家財と一緒に通常の引越トラックに入れてくれるのですが、原付に関しては有料で車両陸送になるのです。

車両陸送ってどんなサービスなの?

車両陸送とは車やバイクなどを安全に運んでくれるプロの業者によるサービスです。

サカイ引越センターでは提携している車両陸送業者に依頼をして輸送してもらいます。

原付は重量があるので搬送をするときに誤って傷をつけてしまったり、通常のトラックに入れてしまうと倒れてしまう危険性があります。

また燃料が入っているので、何かあった時には家財を破損してしまったり、大きな事故につながる場合があります。

そのため専門の輸送業者が輸送するようになっているのです。

自分で運転して運べば問題ないんじゃないの?

引越先が遠く無ければ自分で運転して運ぶことも可能です。

しかし以下の場合によっては輸送をしてもらわないといけない場合があります。

  • 会社の規定で引越時に車両運転をしてはいけない場合がある
  • 車検が切れている
  • 故障をしている

このような場合があります。自分で運転できない状態でも陸送業者を利用すれば現地まで運んでくれます。

サカイ引越センターで原付を運ぶメリットは

サカイ引越センターで原付を運ぶメリットは

  • 引越の手配と一緒に簡単にできる
  • 引越の日程に合わせて柔軟に対応してくれる
  • 大手が契約している業者なので安心

このようなメリットがあります。

個人で手配するのは面倒になるので一緒にまとめてやってしまいたい人はサカイ引越センターで頼む方がとても楽です。

原付を運んでもらうといくらかかるの?

陸送をするときの基本的な料金換算は

  1. 車両の大きさ
  2. 陸送をする距離
  3. 時期

この3点が料金に大きく関わってきます。

車両の大きさに関しては原付であれば基本的には小型になるので安い部類に入ります。

それに加えて陸送をするときの距離や陸送をする時期によって値段が変わってきます。

距離が遠く、繁忙時期になればなるほど値段が高くなります。

シーズンによる割増料金は大型車両のほうが多く、小型車両ほど少ない傾向があります。

陸送料金の相場はどれくらい

原付の陸送料金の相場は3万円~5万円程度になっています。

こちらも距離によって値段が変わってきますので、詳細は業者に見積もりをしてもらいましょう。

沖縄などの船を使わないといけない離島などはさらに料金がかかります。

サカイ引越センターではいくらなの?安いの?

結論からお伝えすると、サカイ引越センターの場合でも具体的な値段に関したは見積もり次第になります。

先程あげた距離やシーズンによって異なります。

具体的な見積もりを出すためには見積もり依頼をしましょう。

安くしたいなら自分で業者を頼む方がいいかも。しかしデメリットも大きい

できるだけ安く原付を運びたいのであれば自分で陸送業者を手配した方が安い可能性があります。

しかしそれには大きなデメリットもあります。

  1. 自分で全て手配をしなければならない
  2. 引越の日程に合わせることができない
  3. 安くするためには輸送期間を長く取らなければならない
  4. 業者によっては何かあったときの保証がない場合がある

このようなケースが挙げられます。

安い陸送業者は値段を下げるために、同じ方面に行く他の顧客の車両をできるだけ多く積みます。

そのため十分な輸送車両を確保できるまで時間がかかるのです。

原付は何日くらいで届くの?荷物と一緒に届くの?

原付であれば距離やシーズンによって異なりますが4日前後で目的地まで運ぶことができます。

東京~札幌・福岡といった距離がある地域では1週間前後かかってしまう場合があります。

荷物と一緒には届かないが日程を合わすことは可能

残念ながら通常の家財道具とは違う車両で別の業者が運ぶため荷物とは一緒には届きません。

しかし到着に日程を合わすことは可能です。

引越や車両輸送業者の日程によっては車両だけ引越日当日ではなく、事前に引き取りをする場合もあります。

サカイ引越センターであれば見積もり時に事前調整をすることが可能なので、自分で手配するより手間がかからないですね。

原付を運んでもらう際の注意点は?

原付を運んでもらう際の注意点がいくつかあります。

  • ガソリンを減らす。できれば抜いておく
  • 見積もりの前に事前に原付があることを伝える
  • 破損した時の補償を確認する
  • 事前に傷の確認をしておく

原付の中にガソリンが入っていると万が一の時に大きな事故に繋がってしまいます。

全部抜く必要はないですが、可能な限り減らしておきましょう。

また引越の見積もり前に原付があることを伝えて料金の確認や陸送日程の確認をしておきましょう。

そして見積もり時には破損した時の保証を確認することをオススメします。

引越当日に必ずやること

引越当日には最後に原付の現場の破損状況や傷の確認を業者と一緒にするようにしましょう。

ここを怠ってしまうと破損した時の保証内容を事前に確認しても、陸送時の破損と判断されず補償金が降りない場合があります。

仮に個人で安い業者に頼んでしまうと保証内容が十分ではなかったり、傷の確認などは全て自己責任になってしまう可能性があります。

サカイ引越センターの提携業者であれば保証のケアはしっかりしているので安心できますね。

サカイ引越センターで原付を運んでもらおう

原付を引越先まで運んでもらうためには個人で手配することも可能ですが、サカイ引越センターを利用する方はそのままお願いすることをオススメします。

この記事の内容をまとめると

  • サカイ引越センターでは提携している陸送業者に見積もり時に一括で依頼ができるのでとても楽
  • 引越しの予約と同時に行うと引越し日程に合わせて運送がしやすくなる
  • 個人で手配すると安く済む場合もあるが、手間がかかり日程調整も柔軟にできない場合がある

引越しの時に原付を運んでもらいたい方はサカイ引越センターの陸送サービスであれば簡単んで安心して運ぶことができるのでぜひご検討ください。

関連記事になります。合わせてごらんください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント