サカイ引越センターのハンガーケースは何着入るの?サイズは?

「ハンガーケースを借りようと思うんだけどどのくらいの洋服がはいあるのかな?」

なんて疑問はありませんか?

引っ越しの荷造りで手間なのが洋服ですね。

何かとかさばってしまいます。

そこで便利なのがハンガーケースです。

サカイ引越センターから借りることができるハンガーケースはどのくらいの洋服をしまうことができるのでしょうか。

結論から言うと、

  • 厚手の衣類は7着程度
  • 薄手の衣類は15着程度

くらいの洋服をハンガーケースにしまうことができます。

この記事では、

  • ハンガーケースは何着入るか
  • 何箱貸してくれるのか
  • ハンガーケースはいつ借りれるのか
  • ハンガーケースを借りる上での注意点

などについて詳しく解説します。

サカイ引越センターで引っ越しを予定している方は是非チェックしてみてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センターのハンガーケースは何着入るの?

サカイ引越センターでは衣類をハンガーに掛けたまま収納できるハンガーケースを貸し出ししてくれます。

ハンガーケースを利用すれば、段ボールに梱包する手間を省くことができますので絶対にレンタルしておきたいアイテムです。

サカイ引越センターでレンタルできるハンガーケースの容量は以下が目安です。

  • 厚手の衣類は7着程度
  • 薄手の衣類は15着程度

ケースのレンタルは複数できるので、クローゼット1つ分程度であれば余裕があるでしょう。

衣類が少ない一人暮らしの方であればほとんどの洋服をハンガーケースに収納できるかもしれません。

ハンガーケースの料金は?何箱貸してくれるの?

トラックや荷物の量によって異なりますが、サカイ引越センターではハンガーケースを最大5箱まで無料で貸してくれます

自分でハンガーケースを購入する場合は一つ数千円の費用がかかってしまうので、無料レンタルができるサカイ引越センターを利用することをおすすめします。

5箱以上は有料になりますが、プランや時期によっては割引として無料で貸し出ししてくれるケースも多いです。

どんな洋服でも入れられるの?

ハンガーケースはハンガーをかけるバーが床から95cmの部分にあります

基本的にはどの衣類もハンガーにかかっていれば問題ないですが、丈が長いコートの場合はボックスの底面についてしまいます。

その場合入れられない訳ではないですが、コートの裾の部分にシワがついてしまう場合があるので注意をしましょう。

ハンガーケースを借りる時は見積もり時に伝えよう

ハンガーケースを借りるときは見積もりの時に伝える様にしましょう。

見積もり時にサカイ引越センターの営業の方が確認をしてくれるので、自分の部屋のクローゼットがどれくらいの量があるかを伝えて下さい。

営業の方が量を見て判断をしてくれます。

引越までに不用品の処分をして見積もり時より使用しなくなっても問題はありません。

ハンガーケースはいつ借りられるの?返却のタイミングは?

ハンガーケースは引越の当日に貸し出しをしてくれます。

前もって貸し出しはしてくれないので引越当日に自分で洋服をボックスに入れて下さい。

返却は同じく引越完了と同時にします。

新居に着いたらハンガーボックスから洋服を取り出しクローゼットにしまいましょう。

着物を入れたい場合はどうするの?

着物に関しては着物用の梱包材が別途用意する事ができます。

着物用の梱包資材がない場合は、見積もりの際に営業担当に伝える様にして下さい。

着物用のダンボールは有料で1枚880円で購入ができます。

ダンボール1枚で着物2枚を梱包する事ができます。

ハンガーケースを借りる上での注意点

ハンガーケースはハンガーのまま収納できるので非常に便利です。

しかしケースを借りる上で注意点がいくつかあります。

  • ハンガーケースは再利用しているので汚れがつく可能性がある
  • ケースに詰めすぎると洋服にシワがついてしまう
  • ケースの量が多いと手配するトラックが大きくなり料金が高くなる可能性もある

ハンガーケースは便利なものではありますが、大事な洋服を入れる場合はシワや汚れがついてしまうリスクもあるので注意をしましょう。

ハンガーケースは再利用しているので汚れがつく可能性がある

ハンガーケースは新品のボックスではなく、基本的には再利用をしています。

清掃はしていても汚れが着く可能性はあります。

大事な洋服はカバーを被せておくと良いでしょう。

またハンガーバーの高さが95cmなので丈の長いコートはボックスの底についてしまいます。

それが裾の汚れや皺の原因になってしまうので注意をしましょう。

丈の長いコートは畳んで段ボールで保管をするか、ガーメントを被せて二つ折りにして入れることをオススメします。

ケースに詰めすぎると洋服にシワがついてしまう

ハンガーケースには薄手のシャツなどで15枚程度の収納量になります。

コートやスーツといった厚みがあるものを入れると7枚程度しか入らないケースもあります。

そこでケースが足りなくなった場合、無理やり詰め込んでしまうと大事な洋服にシワができてしまう可能性が高いです。

ハンガーケースは予め業者が見積もりをしたときに必要な分しか用意をしません。

必ず見積もりの時にどれくらいの洋服があるのかを伝えるようにしましょう。

ケースの量が多いと手配するトラックが大きくなり料金が高くなる可能性もある

ハンガーケースは段ボールに洋服畳んで入れるよりも体積を多く取ります。

レンタルするケースが多いと一人暮らしの方などは場合によって一回り大きいトラックを手配しなければならない可能性もあります。

そうなるとハンガーケースは無料でレンタルできても大きいトラックを手配することで料金が上がってしまいます。

わざわざハンガーでかけていた洋服を畳む必要はありませんが、不要な洋服は処分をしてしまうとレンタルするケースも少なく済み、引越作業も楽になります。

いらない洋服は買い取りをしてもらおう

引越料金を安くするためには荷物を少なくする事が一番です。

また洋服の量が多いと当日ハンガーケースに入れたり、新居で取り出す作業も大変ですよね。

そこで不要になった洋服は処分をしましょう。

サカイ引越センターであれば不用品の買い取りサービスもあります。

洋服の買取も行ってくれますので事前にこちら(http://www.hikkoshi-sakai.co.jp/kaitori/)から申し込みをして買い取りをしてもらいましょう。

さいごに:サカイ引越センターでハンガーケースをレンタルしよう

ハンガーケースは引越作業を楽にするために非常に便利なアイテムです。洋服を梱包する必要がないので絶対に使いたいですね。

この記事の内容をまとめると

  • サカイ引越センターではハンガーケースを最大5箱レンタルできる
  • ハンガーケースの数量は見積もりの時に決めるので洋服の量を必ず事前に伝えよう
  • 大事な洋服はカバーをつけてシワができないように余裕を持ってハンガーケースに入れよう

他の引越業者では有料レンタルになる場合もありますが、サカイ引越センターでは無料レンタルできます。

この記事を参考にサカイ引越センターで引越準備をしてみて下さい。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント