サカイ引越センターはマットレスも運んでくれる?梱包はどうしたらいいの?

サカイの基本情報

「引っ越し先にマットレスを持っていきたいけどどうしよう?」

何て疑問はありませんか?

ベッドなどで使用するマットレスってとても大きいですよね。

個人で運んだり、梱包したりというのは難しいです。

「サカイ引越センターはマットレスも運んでくれるのかな?」

なんて思ったりもしますよね。

結論から言うと、基本的には無料で運んでもらうことができます

ただ、注意点はあります。

この記事では、

  • サカイ引越センターではマットレスも運んでくれる
  • ベッドと一緒に運ぶ場合梱包はどうなるのか
  • マットレスがいらない場合について
  • 自力でマットレスを運ぶと安くなる?

などについて詳しく解説します。

引っ越し先にマットレスを持って行きたい方は是非チェックしてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センターではマットレスも運んでくれる

サカイ引越センターではマットレスも運んでくれます。

料金に関しては基本料金内で運んでくれるため別料金がかかることはありません。

サイズに関しても特に制限はありません。

しかし、サイズによっては吊り上げをして搬入した場合は吊り下げをする必要があったり、新居で階段から搬入ができない場合は吊り上げをする必要が出てきます。

サイズが大きい場合は見積もり時に営業の方と相談をするようにしましょう。

梱包もサカイの作業員の方が行ってくれる

サカイ引越センターでは梱包もサカイの従業員の方が行ってくれます。

マットレス用の梱包袋が用意されているので自分で事前に梱包をする必要もなく、当日作業員の方が汚れないようにマットレス用の梱包袋に梱包をしてくれます。

マットレスにカバーが付いた状態でも問題はありません。

ベッドと一緒に運ぶ場合梱包はどうなるの?

ベッドと一緒に運ぶ場合、ベッド本体もサカイの作業員の方が全て梱包をしてくれます。

解体が不要なベッドはそのまま梱包をしてくれ、解体が必要なベッドの場合は作業員の方が解体して梱包をしてくれます。

また引越し後には解体したベッドは組み立ても行ってくれるので自分で行う作業は基本的にはありません。

解体や組み立てが複雑なベッドの場合もありますので作業をスムーズに進めるために取扱説明書だけ用意をしておくことをオススメします。

布団や枕は自分で梱包をする

マットレスとベッド本体は作業員の方が梱包をしてくれます。

しかし布団や枕に関しては自分で梱包をします。

サカイ引越センターの場合布団袋を事前に渡してくれるので当日の引越前に布団や枕をその中に入れれば問題ありません。

布団袋に関しては新居ではその場で回収になりますのでベッドの設置と合わせて荷解きをしましょう。

マットレスが入らない場合は吊り上げで対応ができる

新居で階段が狭い戸建ての場合大きなマットレスが入らないケースがあります。

その場合サカイ引越センターでは吊り上げで対応をしてくれます。

マットレスの重さや周辺環境によって人力で吊り上げをする場合とクレーンを使用して吊り上げをする場合があります。

人力で吊り上げる場合は1万円程度、クレーンで上げる場合は3万円程度の費用がかかります。

特にマンションから一軒家に引越す場合、一軒家の方が搬入経路が狭いので室内から搬入ができないケースがあります。

階段が狭い場合は事前に作業員の方に相談をするようにしましょう。

マットレスがいらない場合はどうすればいい?

マットレスがいらない場合に処分をする方法は大きく5つあります。

  1. 粗大ゴミ廃棄をする
  2. 引越業者に引き取りをしてもらう
  3. 廃棄業者に引き取りをしてもらう
  4. リサイクル業者に売る
  5. フリマサイトで売る

一番費用が安く済むのは粗大ゴミで廃棄をすることですが、マットレスは引越当日の朝まで利用する方が多いでしょう。

粗大ゴミ廃棄は廃棄日が決まっている自治体が多いため、引越当日に廃棄ができるとは限りません。

引越日に廃棄をする場合は他の方法を考えることになります。

自分の引越のスケジュールやマットレスの必要性に応じて方法を検討しましょう。

サカイ引越センターでは地域によってはマットレスの廃棄をしてくれる

サカイ引越センターではいらないマットレスがあった場合廃棄をしてくれます。

しかしあくまでも自治体の粗大ゴミ廃棄を代理で行う形になりますので委任ができる地域のみになります。

引き取り費用はマットレス一台で3,000円程度になり、それに加えて自治体の粗大ゴミ費用がかかります。

マットレスの粗大ゴミ費用は自治体によって変わりますが、2,000円程度の自治体が多く、合わせて5,000円程度が引き取り費用の目安になります。

地域によっては引き取りができない地域もあるので必ず見積もり時に確認をしましょう。

サカイで引き取りができなければ回収業者に依頼をする

サカイ引越センターで引き取りができない地域の場合は粗大ゴミの回収業者に依頼をしましょう。

日時の指定もできるので引越前・引越後の回収と時間の融通がききます。

回収業者に関しても出張費用と回収費用がかかるためサカイ引越センターで行うのと同様に5,000円程度の費用がかかります。

しかし処分する家具などが多い場合は回収業者の定額パックを使った方が安くなる場合もあります。

サカイ引越センターでは処分する家具一つあたりに値段がかかるため数が多いと割高になりやすいです。

処分品が多い場合やサカイの引き取り対象がエリアの場合は回収業者に依頼をすることをオススメします。

ブランド品で状態が良ければ売ることも可能

状態が良ければ売ることも可能です。

しかしフランスベッドなどのブランドのマットレスや使用年数が短く状態が良いものがメインとなります。

リサイクル業者の出張買取が可能ですが、状態が悪い場合は買取ができない場合もあります。

買取ができない場合も考えて売る場合は引越後に行うようにしましょう。

フリマサイトでの売却はオススメしない

フリマサイトでもマットレスを売ることも可能です。

しかし引越でマットレスが要らなくなった場合はフリマサイトで売ることはオススメしません。

理由としては3つあります。

  • いつ売れるかがわからない
  • 約束をしたのに取りに来ない場合がある
  • 引き渡した後にトラブルが発生するケースがある

大型家具の場合トラブルが発生した時の対応が非常に困難です。特に古いマットレスの場合は気づかない汚れや匂いなどでトラブルが発生しがちなのであまりオススメはできません。

買い替えをするなら販売店に引き取りをしてもらう事が楽

マットレスの買い替えを検討している方はマットレスの購入する店舗で引き取りをしてもらうことをオススメします。

マットレスの販売店では現在使用しているマットレスの引き取りもしてくれます。

店舗によって値段は異なりますが、業者に引き取りだけしてもらうよりは安く済む可能性が高いです。

配達と同時に交換をするので自分のスケジュールに合わせて引越前後かを決めましょう。

自力でマットレスを運ぶと安くなる?

引越ではマットレスは引越業者にお願いすれば問題ないですが、自力で運ぶと引越代が安くなる可能性があります。

なぜなら引越する家具家電が少なければ手配をするトラックが小さくなり安くできるからです。

マットレスは幅をかなり取るので小さいトラックでは入らない可能性があります。

家具家電がほとんどない場合、大きいマットレスだけ自分で運べば小さいトラックで済む可能性もあります。

しかしマットレスを自分で運んで小さなトラックになるかはわからないので見積もり時に確認をするようにしましょう。

自力でどうやって運ぶ?

自力で運ぶ方法は自家用車で運ぶ事ができればそれが一番費用がかかりません。

マットレスはシングルサイズであればおよそ横100cm×縦200cmになるのでファミリー用の車であれば自力で運ぶこともできます。

マットレスの場合、他の家具と比較して柔らかいので車を傷つけたり、マットレスが破損するケースは少ないです。

自分で運べる環境があれば運んでみても良いでしょう。

マットレスの梱包はどうすればいいの?

マットレスは破損する事がほとんどないため梱包は頑丈にする必要がありません。

基本的には汚れたり濡れないようにすれば問題ないです。

引越業者の場合マットス用の梱包袋がありますのでそれですぐに梱包をしてくれます。

自分で梱包する場合は、ネットで1,000円程度の梱包用袋を購入するか大きいビニールシートを買って梱包をすれば良いでしょう。

まとめ

サカイ引越センターではマットレスも基本料金内で運んでくれます。

専用の梱包袋も用意をしてくれているので梱包も全て任せる事ができます。

この記事の内容をまとめると、

  • サカイ引越センターではマットレスも運んでくれ、ベッドも解体含め基本料金内で運んでくれる
  • マットレスが階段から入らない場合は吊り上げで上げることも可能
  • マットレスを廃棄したい場合は地域によっては粗大ゴミとして回収をしてくれる

サカイ引越センターでは他の家具家電も基本料金内で梱包もしてくれ、梱包資材も無料でもらえるのでぜひご検討ください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント