サカイ引越センターで長距離引っ越しする際の料金相場は?

サカイの基本情報

「サカイ引越センターで長距離の引っ越しをすると料金はいくらくらいかかるんだろう?」

何て疑問はありませんか?

距離が遠くなるほど引っ越し料金は高くなるになります。
サカイ引越センターで長距離引っ越しをした場合はどのくらいの料金がかかるのでしょうか

この記事では、

  • 長距離引っ越しにおすすめのコース
  • 長距離引越しの料金相場について
  • 長距離引っ越しを少しでも安くするコツ
  • 長距離引っ越しをする際の注意点

などについて詳しく解説します。

長距離の引っ越しを検討している方は是非チェックしてみてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイで長距離引っ越しする場合におすすめのコースについて

サカイ引越センターには多種多様なコースがあります。

なかでも長距離引越しにおすすめしたいコースをご紹介します。

忙しくて引越しに時間が割けない!という方には「らくらくAコース」

まずおすすめしたいのが、サカイのコースの中でも人気がある「らくらくAコース」です。同コースでは、荷造りから大型家具の梱包、荷ほどきまで引越しのトータルサポートをしてくれます。

そのため、

  • 仕事が忙しくて引越しに時間を割けない
  • 子供が小さくて目が離せない
  • 高齢のため引越し作業に負担がかかる
  • 引越し後の掃除が面倒くさい

といった方におすすめです。

サカイ引越センターのらくらくAコースって何?料金の相場は?
引越しを予定しているけどサカイ引越センターのらくらくAコースってどういうプランなの?料金って高いの?何て疑問はありませんか?サカイには様々なコースがあります。今回はらくらくAコースを解説します。

とにかくコストを抑えたい!という方は「ご一緒便コース」

本記事でお伝えしているように、長距離引越しでまず気になるのは「コスト」ですよね。
サカイの「ご一緒便コース」は、同じ方向の依頼者の荷物を一緒に輸送するこtでコストを最小限に抑える内容となっています。
ただし、荷物が多いと対応できない、期日を指定できないといったデメリットもあります。

そのため、

  • とりあえず安く引越しできれば何でもいい
  • 荷物が少なくて時間が融通も効く

といった単身者や2人家族での利用がおすすめです。

サカイ引越センターのご一緒便コースって何?料金の相場は?
引越しを予定しているけどサカイ引越センターのご一緒便コースってどういうプランなの?料金って高いの?何て疑問はありませんか?サカイには様々なコースがあります。今回はご一緒便コースを解説します。

長距離引越しの料金相場について

続いて、長距離引越しの料金相場について見ていきましょう。
ここでは「東京から北海道」「東京から沖縄」の2パターンをご紹介します。

①:東京から北海道

通常期(5月〜翌1月) 繁忙期(2月、3月、4月)
単身者 10〜15万円 20〜25万円
家族(2人) 20〜25万円 20〜25万円
家族(3人以上) 35〜40万円 45〜50万円

②:東京から沖縄

通常期 繁忙期
単身者 10〜15万円 15〜20万円
家族(2人) 15〜20万円 20〜25万円
家族(3人以上) 25〜30万円 30〜35万円

引越し人数によって相場は大きく変動します。
東京から北海道、沖縄への引越しは、単身者かつ通常期であっても最低10万円は見積もっておくのが良いでしょう。
また家族引越しで荷物が多い場合は、3tトラックを使用することになるため、引越し料金も上がってしまうのです。

それに加えて作業員が付くと、トラックのチャーターだけでも30万円ほどかかる場合も。
引越しを安く済ませるためには、「通常期」かつ「できるだけ荷物を少なくする」ことが重要になります。

サカイ引越センターでトラックの大きさで料金は変わってくるの?
サカイ引越センターで引っ越し予定だけどトラックの大きさで料金が変わったりするの?なんて疑問はありませんか?結論から言うと、トラックの大きさによって料金は変わってきます。今回はどのようなトラックがあるのか。またトラック別の料金の相場についても解説します。

長距離引っ越しを少しでも安くするコツ

長距離引っ越しの料金は思ったよりも高いですよね。
ここでは少しでも料金を安くするコツについて解説します。

  • 「混載便」を利用する
  • 「コンテナ便」を利用する
  • 「フリー便」を利用する
  • 相見積もりを取る

混載便とは、「複数の依頼者でトラックを共有しする便」のこと。
同じ方面への輸送がある場合にしか利用できませんが、引越し費用を大幅に安くできます。

また「コンテナ便」もおすすめ。
コンテナ便とは、JRの貨物用コンテナを使った輸送方法です。
費用を安く抑えられる上に、大量の荷物を運べるメリットがあります。
また鉄道で移動するため長距離引越しにも向いています。

引越しの作業時間を指定しない「フリー便」も良いでしょう。
一般的に引越し料金は、午前よりも午後の方が安い傾向にあります。
そこで引越し時間をあえて指定しないことで、コストを最小限に抑えられるわけです。
ただ、当日中に終わらず日をまたいだ場合、追加料金が発生するケースもあります。
事前に問い合わせをしてみるのが確実です。

費用を安くするなら相見積もりも必須になります。
サカイ引越センターで引っ越しが決まっていた場合でも他社の見積もりを元に費用の交渉をすることができます。
引っ越し費用の相場は時期により大きく変動します。
他社の安い見積もりを手に入れることができれば料金の交渉をすることができます。

「料金の交渉をするのに抵抗がある…」

という方もいらっしゃると思いますが、引っ越し料金は元々は値引きすることを前提で見積もりを出しています。
見積もり通りに契約してしまうと損をしてしまう可能性が高いので安く引っ越ししたいなら相見積もりは必須になります。

「他の業者に見積もりを取るのはめんどくさい…」

なんて悩みもありますよね。

そういう時に便利なのが「SUUMOの一括見積もりサイト」です。

こちらはCMでおなじみのSUUMOが運営する一括見積もりサイトになります。

一括見積もりを利用するとたくさんの業者から電話がかかってくることが多いですが、

SUUMOの場合は電話登録不要でネット上で見積もりを取ることができます

1分程度の情報入力で複数の引っ越し業者に見積もりを取ることができるので便利ですよね。
利用料は無料になります。
引っ越し費用を少しでも抑えたい方は是非チェックしてみてください。

長距離の引っ越し料金が安い業者を調べてみる(無料)

長距離引っ越しをする際の注意点

それでは最後に、長距離引越しをする際の注意点をお伝えします。
とくに注意しておきたいのは以下の3つです。

  • 搬入時間を必ず確認しておく
  • 引越しに時間がかかるため「寝泊り」のことを考えておく
  • 住所変更の手続きなども忘れずに

まず大切なのが「搬入時間の確認」です。
長距離の引越しとなると、たとえば

「東京営業所→大阪営業所」

「北海道営業所→沖縄営業所」

など、同じ業者でも営業所が異なるケースがほとんどです。
その際、営業所間での伝達ミスが発生しやすいため、前日に搬入時間などの確認をしておきましょう。

また、長距離引越しは移動だけで時間がかかります。
その後ダンボールを開けて新居に住める準備をするとなると、1日では終わりません。
そのため、引越し当日の「寝泊り」のことも考えておく必要があります。
初日から新居に住むのであれば、寝室周りのものを優先的に揃える、歯ブラシやトイレットペーパーを用意する、などの準備が必要でしょう。

忘れてはならないのが「手続きの準備」です。
離れた場所に引越すと、住民票や健康保険など各種手続きがたくさんあるはずです。
前に住んでいた住所の管轄で準備しなければならない書類もあるため、事前にリストアップしておきましょう。

まとめ

本記事では、サカイ引越センターで長距離引っ越しする際の料金相場をはじめ、長距離引越しを安くする方法や注意点をお伝えしました。
単身者なのか家族なのかで、長距離引越しの料金は大きく変動します。

また混載便やコンテナ便など長距離引越しを安く済ませる方法もいくつかあるため、あらかじめ業者に問い合わせてみましょう。
ぜひ本記事の内容を、長距離引越しに役立てください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント