サカイ引越センターは夜間でも引っ越しをしてくれるの?

「引っ越しを夜にしたいんだけど、できるのかな?」

なんて疑問はありませんか?

仕事が終わった後に引っ越しなど時間が限られる場合がありますよね。

夜間の引っ越しに業者は対応してくれるのでしょうか?

「サカイ引越センターは夜の引っ越しは可能なのかな?」

何て不安もありますよね。

結論から言うと、サカイ引越センターでは夜間での引越をすることができません

この記事では、

  • サカイ引越センターの営業時間は何時までか
  • どうして夜間での対応をしていないのか
  • 他で夜間の引越に対応してくれる業者はあるか
  • 夜間引越の注意点

などについて詳しく解説します。

引っ越しを検討している方は是非チェックしてみてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センター夜間でも引越をしてくれるの?

結論からお伝えをするとサカイ引越センターでは夜間での引越をすることができません。

夜間作業には作業自体のリスクや近隣住民への配慮などを考慮して行っていないのです。

また他の引越業者も同様に基本的には夜間での引越作業は行っておらず、作業終了は夜間になることはあっても作業開始は日中に行うようになっています。

サカイ引越センターの営業時間は何時まで?

サカイ引越センターの営業時間は朝9時~夜19時までとなっています。

営業時間は19時までとなっておりますが、引越作業開始時間は遅くとも18時までとなっており、19時~20時には作業が完了するように配車組がされています。

また遅い時間での引越作業は、近距離での移動や遠距離で日を跨いでの引越になる場合での作業になることが多いです。

どうして夜間での対応をしていないの?

サカイ引越センター含め多くの引越業者が夜間での対応をしていない理由はいくつかあります。

  • 騒音で近隣住民に迷惑がかかる
  • 暗い場所での作業をすることになるため安全リスクが高い
  • 何かトラブルがあった時に対応ができない

このようなリスクがあるため夜間での作業を対応している引越業者は少なくなっています。

搬入作業が夜間になることはあっても基本的に搬出作業は日中の明るいうちに作業を進めることが一般的です。

午後便やフリー便では夜間になることもある

サカイ引越センターでは午後便や時間帯を指定しないフリー便の場合、遅い時間での作業開始になることもあります。

通常遅い時間での作業でも18時には作業を開始するようになりますが、前の引越作業を終えてからくるため、前の作業が長引いてしまって作業開始時間が遅れてしまうことがあります。

その結果引越開始時間が遅くなってしまい、搬入作業が夜間での作業になってしまうケースも稀に発生してしまいます。

他で夜間の引越に対応してくれる業者はある?

多くの引越業者では遅くとも夜19時までの作業開始としている場合がほとんどです。

その中で夜間での引越に対応している業者は以下の業者になります。

これらの業者に関しては各社条件はあるものの他の引越業者と比較すると遅い時間での引越作業に対応をしています。

アーク引越センターの場合

アーク引越センターでは夜間での引越も対応をしています。

しかし具体的な引越時間に関してはHPでは確認はできず、相談の上対応可能かどうかを決めるようになっています。

地域によって対応する時間や対応方法も変わるようです。

夜間に引越をしたい場合は電話やメールで現住所と引越先を伝えた上で相談をしてみましょう。

赤帽の場合

赤帽は各拠点に加盟登録している運送業者が対応をする形になりますので地域によって対応ができるかどうかが変わってきます。

基本的には営業時間内での対応になるため急な夜間での引越依頼に関しては対応ができません。

夜間に引越をする場合は事前に発着地の赤帽組合に連絡をする必要があります。

各拠点の営業所によって対応時間が異なってきますが、対応が赤帽組合員がいればどの時間帯も対応が可能になってきます。

しかし午後10時~午前5時までは割増料金がかかるので注意をしましょう。

ヤマトホームコンビニエンス

ヤマトホームコンビニエンスでは単身用の引越受付と大型家財の宅配サービスの2種類があります。

単身用の引越の場合は他の引越業者と同様に9時~18時までの作業開始となっています。

そこでできるだけ夜遅くに引越をしたい場合は大型家財宅急便と通常の宅急便を組み合わせて使うことで遅い時間での引越も可能です。

しかし注意しなければならない点は時間帯の指定が18時~21時の指定になるので早い時間に集荷が来てしまう場合もあります。

また集荷後2日間のリードタイムがあることや費用がかかってしまうので注意をしましょう。

ヤマト便で引越をする場合、生活必需品以外は小さい荷物は事前に宅急便で送り、その他の荷物を最後に夜間引越することをオススメします。

株式会社チトセの場合

神奈川県に営業所を構えている株式会社チトセではシンプルナイトムービングと呼ばれる夜間での引越を対応しています。

株式会社チトセでは一般的な引越しのみならず、オフィスなどの夜間移転などにも対応をしており、個人の引越も24時間受け付けております。

荷物の少ない方や近距離や同じマンション内での引越などの場合、当日での緊急対応も可能になっています。

夜間引越の注意点

夜間に引越をする場合は通常の引越とは違う環境での引越になるため注意点がいくつかあります。

事前に準備をしておかないと作業が進まなくなってしまうことがあるので必ずこちらの注意点を押さえておきましょう。

  • 引越料金は割増料金になる
  • 鍵の受け渡しやライフラインの開通は先に行っておく
  • 夜間での搬出はできても搬入ができない場合がある
  • 自分の移動手段は事前に確保しておく

ではそれぞれ説明をしていきます、

引越料金は割増料金になる

夜間に引越をする場合は割増料金になってきます。

時間帯によっても変わってきますがおよそ日中に引越をする料金の1.5倍~2倍程度の料金がかかってきます。

特殊な作業である点や深夜での作業になる場合は作業員の方の割増手当も発生しているため料金が高くなってくるのです。

鍵の受け渡しやライフラインの開通は先にしておく

鍵の受け渡しやライフラインの開通は先にしておきましょう。

特に電気の開通に関しては先にしておかなければ夜間での作業ができなくなってしまいます。

夜間でのトラブルが発生した場合は各業者に電話も通じませんので引越前に事前に新居へ行ってライフラインが使えるかどうか確認をしましょう。

夜間での搬出はできても搬入ができない場合がある

夜間での引越作業をする場合、搬出の対応ができても搬入ができない場合があります。

夜間作業は想像以上に騒音になるため隣への配慮が必要になってきます。

そこで住宅環境次第で引越業者から翌日の早朝での作業を提案される場合があります。

特に新居での搬入作業は入居したばかりに近隣住民への印象を悪くしてしまう可能性が高いので後々の近隣関係を考えると得策ではありません。

そこで多くの引越業者では搬出のみ夜間に行い営業所に保管をしておき翌日に新居へ届けるといった対応をすることが多くなっています。

自分の移動手段は事前に確保しておく

深夜に引越をする場合は自分の移動手段は事前に確保をしておきましょう。

電車が動いているうちであれば問題ないですが、深夜での移動となると自分でタクシーやレンタカーの手配が必要になってきます。

タクシーを手配する場合、その場で手配をするとタクシーが埋まってしまっている可能性があり早くに来ない可能性があります。

スムーズに引越作業を終わらせるためにレンタカーやタクシーの場合は事前に予約をすることをオススメします。

まとめ

サカイ引越センターでは残念ながら夜間での引越は対応しておらず、18時までの作業開始が遅い時間帯での対応となってきます。

この記事の内容をまとめると

  • サカイ引越センターでは午後便やフリー便でも18時までの作業開始時間になっている
  • 夜間対応をしている引越業者は少ないため事前にいくつかの業者に確認しておこう
  • 夜間引越をする場合は事前に鍵やライフラインの確認はしておこう

深夜の引越を対応している業者は限られているので複数の業者に見積もり依頼をし、夜間での引越をなれている業者を見つけて選ぶことをオススメします。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント