サカイ引越センターの盗聴器発見サービスの料金相場は?

「引っ越し先に盗聴器があるか不安…」

なんて疑問はありませんか?

引っ越し先の部屋に盗聴器が仕掛けられていないか心配しますよね。

特に女性だとそのように感じたりもするでしょう。

サカイ引越センターに盗聴器の発見サービスをしてもらうことができます。

「サカイ引越センターに盗聴器の発見サービスをお願いするといくらくらいになるのかな?」

何て思ったりしますよね。

結論から言うと、サカイ引越センターの盗聴器発見サービスの料金相場は1万円~6万円程度になっております

この記事では、

  • サカイ引越センターの盗聴器発見サービスの料金相場
  • 盗聴器をチェックする流れ
  • 盗聴器チェックをする上での注意点

などについて詳しく解説します。

引っ越しを検討している方は是非チェックしてみてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センターの盗聴器発見サービスの料金相場は?

サカイ引越センターの盗聴器発見サービスの料金相場は1万円~6万円程度になっております。

料金の幅が出ている理由は調査内容や部屋の広さによって変わってくるからです。

簡易調査や部屋の広さが狭い場合は料金が安く、一軒家などファミリー向けの広さの場合や盗聴器があった場合の撤去作業が入ってくると料金が高くなってきます。

サカイ引越センターでは盗聴器発見サービスとは?

サカイ引越センターの盗聴器発見サービスとは引越先のお部屋に盗聴器が設置されていないかを調べるサービスのことであり、サカイ引越センターのHPには掲載されていませんが有料オプションで実施できるサービスの一つです。

サカイ引越センターの盗聴器発見サービスでは2種類のサービスがあります。

  1. 簡易調査→10,500円
  2. 本調査 →21,000円~60,000万円

このような調査内容に分かれております。

簡易調査とは盗聴器があるかないかだけをハンディの受信機で調べるだけの調査です。

簡易調査では必ずしも盗聴器を探知できるわけではありませんので、心配な場合は本調査をしてもらうことをオススメします。

盗聴器をチェックする流れ

盗聴器のチェックは簡易調査と本調査では異なってきます。

まず始めに簡易調査の流れについてまとめると以下のようになります。

  • 引越作業完了後、専門の業者が訪問
  • 探知機を利用して部屋に盗聴器が仕掛けられていないかを確認

このような流れになっています。

ここでは探知機を使って盗聴器があるかないかだけを調べるようになります。

時間は30分程度で行われ市販で流通している盗聴器は感知できます。

本調査流れ

簡易調査で探知機の反応がなければそれで終了になりますが、それでも探知できない盗聴器もあり徹底的に調べたい場合は本調査をすることになります。

また簡易調査で反応があった場合は具体的にどこに盗聴器が設置されているかを探す必要があります。

そこで本調査になると具体的な場所の調査や撤去作業が発生しますので料金が別途発生します。

本調査の流れとしては簡易調査と同じですが、調査内容が複数の周波数に対して徹底的に調査を行い室内のレシーバーの受信範囲外の調査も行います。

作業時間は2時間~3時間程度になり、そこで盗聴器が発見された場合は撤去方法の相談をします。

盗聴器が発見されたらどうなるの?

盗聴器が発見された場合、すぐには撤去をせず専門業者からその後の対応方法の相談をされます。

警察への相談をし犯人を突き止めるようにするのか、すぐに撤去をしてしまうのか、これまでの被害状況などを考えた上で撤去方法を決めるようにします。

盗聴器発見サービスは利用した方がいいの?

盗聴器発見サービスは必ずしも実施しておいた方が良いとは限りませんが、安全面を重視したい方や女性の方は実施しておいても損はないでしょう。

最近では盗聴器を購入することも容易になりストーカー目的だけでなく、前の居住者が盗聴器を設置して退去するといった事例が発生しています。

また小型化しているため一見では不審な物として発見することができず管理業者の退去時の部屋確認で撤去できないケースも発生しています。

盗聴器を設置される目的は?

一般的に盗聴器を設置される目的としてはストーカーによる監視のイメージが大きいでしょう。

しかしまだ誰も入居していない部屋に盗聴器が仕掛けられている目的な何なのでしょうか?

その目的は大きく2つあります。

  • 興味本位で盗聴器を仕掛けている
  • 空き巣目的で居住者の行動習慣を監視するため

このような目的があります。空き家への盗聴器の設置は入居者がわからない状態で設置することになります。

そこで盗聴器を仕掛ける理由は特定の人を狙っているのではなく、興味本位で次の入居者のプライバシーを覗いてみたいといった意図があります。

空き巣被害にあってしまうことも

二つ目の理由としては空き巣目的で設置されることがあります。

例えば前の入居者の方は部屋の構造を知っているため、もしかすると外から侵入をできる状態にして退去をしている可能性があります。

そこで盗聴器を仕掛けることで次の入居者が入ってきたタイミングや生活習慣を把握することができます。

そして入居者が部屋にいないことを盗聴器で確認した上で部屋に侵入し盗難を行うといった行為を目的にしている場合もあります。

盗聴器チェックをする上での注意点

盗聴器チェックは一歩間違えてしまうと被害が大きくなってしまう可能性がありますので、注意をしましょう。

注意点をまとめると

  • 簡易調査では全部の盗聴器が発見されるとは限らない
  • 盗聴器が発見された場合は、鍵交換などがされているか確認しよう

このような注意点があります。

簡易調査では特定の周波数での調査しかできないため全ての盗聴器に対応できるわけではありません。

一般的に流通している盗聴器であれば問題ないですが、悪意を持った精巧な盗聴器を仕掛けられている場合は簡易調査で反応をしない可能性があります。

徹底的に調べたい場合は本調査を実施して安全面を担保することをオススメします。

盗聴器が発見された場合は部屋のセキュリティの確認をしよう

盗聴器が仕掛けられる目的の一つとして空き巣を目的として前の居住者が設置している場合があります。

その場合、前の鍵の合鍵を持っていたり、ベランダの窓などがすぐ外れる仕掛けをしている可能性があります。

盗聴器が発見された場合、玄関の鍵がちゃんと交換されているか、ベランダの窓やロックなどが外れやすくなっていないか必ず確認するようにしましょう

まとめ

サカイ引越センターでは専門業者を通じた盗聴器発見サービスを行っています。

この記事の内容をまとめると

  • サカイ引越センターでは盗聴器発見サービスを1万円とリーズナブルな価格から実施してもらうことができる
  • 盗聴器は簡単に手に入れられ、ストーカー目的だけでなく空き巣目的で設置されていることがある
  • 簡易調査では全部を調べることができないため、徹底的に調べる場合は本調査を依頼することがオススメ

盗聴器が付けられているケースは多くはないですが、簡単に入手できる昨今では段々と増えてきていることも間違いありません。

リーズナブルな価格で行うことができますので安全を買いたい方はぜひ利用をしてみましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント