サカイ引越センターの引っ越し料金が安い時期はいつなの?

「引っ越しを予定しているけど安い時期ってあるのかな?」

何て疑問はありませんか?

引っ越しには繁忙期と閑散期があります。

閑散期だと引っ越し料金が安くなったりとメリットがあります。

「サカイ引越センターでは安い時期はいつなの?」

なんて思ったりもします。

結論から言うと、サカイ引越センターで料金が安くなる時期は5月~11月と1月~2月になります

ただ、注意点もあります。

この記事では、

  • 通常期と繁忙期の料金相場
  • 曜日別でも料金が違うのか
  • 安くなる時間帯はあるのか

などについて詳しく解説します。

サカイ引越センターで引っ越し予定の方は是非チェックしてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センターで安い時期はいつ?

サカイ引越センターで引越料金が安くなる時期は

  • 5月~11月
  • 1月~2月

この時期が引越料金が安くなってきます。

引越業界では繁忙時期と通常期の二つに大きく分かれており、繁忙時期を除いた月であれば価格の差は大きく変動は月毎にはありません。

ただしその中でも料金が高くなる時期や見積もりや契約時期によっても変動してきます。

この記事では引越料金を安くするポイントもお話ししますので最後まで読み進めて下さい。

繁忙時期は引越料金が高くなる

引越料金は需要が高い時期になると料金が高くなってきます。

  • 3月~4月の新生活シーズン
  • 年末年始
  • ゴールデンウィークなどの連休

このような時期になると引越需要が高くなってきますので料金が高くなってきます。

特に3月中旬から4月中旬の学生や社会人の引越が多い時期は特に料金が高いです。

通常期と比較すると1.5倍~2倍程度の料金になってきます。

そのほか年末年始やゴールデンウィークなどの連休は通常期と比較すると1.2~1.5倍程度の料金になってきます。

安く引越をするならまずこのシーズンは避けるようにしましょう。

通常期と繁忙期の料金相場

繁忙期と通常期の料金相場の差を見ていきましょう。

まず通常期の料金相場について見ていきます。

引越料金は荷物の量や距離によって異なってきますのでここでは世帯別の料金目安でみていきます。

世帯/距離別料金 同市町村内(~20km) 同都道府県内(~50km) 東京~大阪(~500km)
単身 35,000~50,000円 50,000~65,000円 70,000~80,000円
二人家族 40,000~60,000円 60,000~75,000円 80,000~90,000円
四人家族 70,000~100,000円 100,000~150,000円 200,000~250,000円

サカイ引越センターは他の引越業者と比較すると相場通りの料金になっており、サービスの質と価格のバランスが取れている業者になっています。

繁忙期の料金相場

3月~4月中旬までの繁忙期の料金相場は以下のようになっています。

世帯/距離別料金 同市町村内(~20km) 同都道府県内(~50km) 東京~大阪(~500km)
単身 40,000~60,000円 50,000~70,000円 85,000円~130,000円
二人家族 60,000~90,000円 70,000円~100,000円 130,000~200,000円
四人家族 90,000~120,000円 120,000~170,000円 230,000~300,000円

通常期の料金と比較すると料金は1.5倍程度になることが多くなっており、見積もり時期が遅くなってトラックが埋まってきてしまうと料金が通常期と比較して2倍近くになってしまうこともあります。

1ヶ月の中でも安い時期はある?

ここまでは通常期と繁忙期の料金相場について見てきました。

ただし料金相場に幅があるように1ヶ月の中でも安い時期と高めになってしまう時期があります。

ここでは通常期や繁忙期の中でも比較的やすく引越ができる時期について解説をしていきます。

引越の時期は大きく変わることはないですが引越日を検討する上でのポイントになるのでしっかり見てみましょう。

安い期間はあるの?

1ヶ月の中でも安い期間はあります。

曜日や日別で簡単にまとめると

  • 平日
  • 連休明け
  • 月末以外

このような期間は引越料金が安くなりやすいです。

引越は需要が多い時期ほど料金が高くなってきますので、休日や連休前は引越料金が高くなります。

また月末も時期によっては高くなってくることもあり、8月や9月などの社会人の人事異動が重なる時期の月末は料金が高くなる可能性があります。

いくらくらい安くなるの?

引越料金が安い時期は連休前や外末と比較すると5~10%程度料金が安くなることがあります。

ただし、これも引越業者のトラックの埋まり方によって変わってきます。

土日や月末でもトラックの空きがあるようであれば休日や連休前と同じような料金で引越をすることができますので、まずは見積もり時に休日の料金と平日に引越する場合の料金をそれぞれ出してもらうと良いでしょう。

曜日別でも料金が違うの?

平日と土日での引越の場合、平日の方が料金は安くなりやすいです。

では平日の中でも料金は違ってくるのでしょうか?

結論をお伝えすると平日の中であればどの曜日でも料金は大きく変わることはありません。

ただし金曜日は休日と合わせて有給休暇を取る方も多いので料金が高くなることがあります。

料金の幅は他の曜日と比較すると単身の方で1,000円~2,000円程度の料金差が出ることがあります。

安くなる時間帯はある?

通常期の中では平日と休日の料金差以外では大きく値段が変わることは少ないです。

また閑散期になると休日と土日の料金差も少ない時期があります。

ただし引越する時間帯では料金の差が出ることが多いです。

引越の時間帯は午前中に引越をすると料金が高くなる傾向があり、午後に引越をした方が料金が安くなってきます。

理由は引越は午前中に済ませて午後に荷解きなどをする方が多いので需要が高いからです。

そのため午後に引越を希望する方が多いので料金が安くなりやすいのです。

どれくらい安くなる?

では実際に料金差がどれくらい出るのか見ていきましょう。

ここでは単身者の場合の午前中と午後で引越をする場合の料金差について見ていきます。

  平日 休日
午前便 33,000円 35,000円
午後便 29,000円 33,000円
終日便 27,000円 30,000円

このように午前中と午後便では10%程度料金差が出てきます。

そしてさらに時間帯をしてしない終日便で指定をすると15~20%近く料金が午前便と比較すると安くなってきます。

どうして引越料金は安くなるの?注意点は?

引越料金が安くなるポイントはここまでお話しした通り、引越料金は需要が高い時期には料金が高くなり需要が引く時期は料金が安くなるからです。

引越料金は標準運送引越約款に定められた基本料金は決まっているものの言い値で料金が変動してきます。

そこで需要が高い時期は高い言い値になってきます。

一方で需要が少ない時期は料金が高いとキャンセルをされる可能性があるのでできる限り料金を安くして契約を取るようになってきます。

安い時期に引越をする注意点はある?

では安い時期に引越をする注意点はあるのでしょうか?

結論から伝えると安い時期に引越をするからといって大きな注意点やデメリットはありません。

サカイ引越センターでは料金が安いからといってサービスの質が落ちることはないです。

また平日や閑散期に引越をすると道路も空いているのでスムーズに引越ができます。

相見積もりをするとさらに安くできる

引越料金は業者の言い値の料金の部分もあるため相見積もりをすることで値段の交渉をすることができます。

相見積もりとは複数の引越業者に見積もりをとってもらい、他の業者の料金を提示して交渉をすることです。

一括見積もりサイトを活用すればインターネット上で複数の業者の料金見積もりを出せるのでその結果を見せて料金交渉をするとさらに割引をしてくれる可能性があります。

相見積もりをした時に注意

引越をするときに複数の引越業者に見積もりをしてもらう相見積もりをする時には注意をしましょう。

業者によって初めは安い料金を提示して後からオプション料金が重なり結果的に高くなってしまうケースがあります。

また即日契約しないと割引をしないといったこともあるので、納得して契約できない場合ははっきりと考えさせて欲しい旨を伝えましょう。

まとめ

サカイ引越センターでは繁忙時期や需要が高い時期を外すことで安く引越をすることができます。

この記事の内容をまとめると

  • 3月~4月の繁忙時期を除いて平日の午後以降で引越をすると安く引越がしやすい
  • 時間帯指定をしないフリー便で引越をすると料金がさらに安くなる
  • 相見積もりをすることで料金交渉ができる

相見積もりをするにはSUUMOの一括見積もりサイトが便利です。

大手から地域の引越業者の見積もりが一気にできますのでその結果から価格とサービスの納得のいく業者を見つけて交渉をしてみることをオススメします。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント