サカイ引越センターは家電のみや家具だけでも運んでくれるの?費用は?

 

「大きな家具や家電だけ運んでもらいたいんだけど費用はどのくらいかかるんだろう?」

なんて疑問はありませんか?

少しでも引っ越し費用を安くするために自分で運べるものは自分で運びたいですよね。

でも冷蔵庫や洗濯機など大きな家電や家具は運べません。

サカイ引越センターでは家電や家具のみの引っ越しも対応しています。

家電や家具のみを運んでもらうとどのくらい費用がかかるのでしょうか?

結論から言うと、閑散期か繁忙期化で変わりますが35,000円〜7万円程度の料金になります

この記事では、

  • 家電や家具のみの引っ越しにおすすめのプラン
  • 家具家電のみの引っ越しの料金相場
  • 引っ越し業者以外には安くやってくれる業者はあるか
  • 家具家電のみを運んでもらうならどこの業者がおすすめか

などについて詳しく解説します。

家具家電のみの引っ越しを検討している方は是非チェックしてみてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センターでは家具だけや家電のみの引っ越しができる

サカイ引越センターでは家具・家電のみの引っ越しが可能です。

距離が近い場合や荷物が少なく自身の車で小物類の引っ越しが可能な場合は大型家具や家電のみプロに頼むケースもあるでしょう。

家具家電だけであれば作業時間も短く済むので、引っ越し時間も柔軟に対応することも可能です。

引っ越し業者ではなく地域の個人運送業者に頼むことも可能ですが、サカイ引越センターのようなプロに頼む方が安心安全を考えるとおすすめです。

家具だけや家電のみの引っ越しの場合は料金が安くなるの?

家具家電のみの引っ越しの場合は引っ越し料金が安くなる可能性は高いです。

しかし一人暮らしで荷物が少ない場合や距離が近い場合はあまり安くならない場合があります。

なぜなら引っ越しの料金はトラックの大きさや距離・人件費によって金額が変わってくるからです。

ファミリーの場合は荷物が多くなりやすく大きなトラックが必要になりますが、家具家電だけであれば小さいトラックで入る可能性があります。

しかし元々荷物が少なければトラックの大きさも小さくできない場合があります。

サカイ引越センターの場合はせつやくコースで申し込む

サカイ引越センターの場合、家具家電のみのコースは無く、通常のせつやくコースを申し込む形になります。

通常のせつやくコースは梱包資材を貰い荷造りを自分で行いますが、家具家電だけの引っ越しの場合は梱包資材は不要なのでその分値段交渉をする余地があるでしょう。

家具家電だけであれば2~3人暮らしやファミリーでも単身者用のトラックの手配で済む場合もあるのでお値段もその料金で済みます。

しかし大型家具の搬出をするのでスタッフの人数は2名での作業になるので人件費の部分は最低限かかってしまいます。

家具だけや家電のみの引っ越しの料金相場は?

家具家電のみの引っ越しの料金相場はサカイ引越センターの場合は35,000円〜7万円程度の料金になっています。

これはおおよそ単身から二人暮らしの料金相場になっており、家具家電だけならこの程度のトラックの大きさで入ることを想定しています。

値段は引っ越しの距離によっても変わってくるため、距離が近ければ時間での引っ越し料金になるので値段も抑えることができるでしょう。

その場合、家具の量が少なければ最低料金の相場で引っ越しをすることができます。

引っ越し業者以外には安くやってくれる業者はあるの?

引っ越し業者以外にも家具家電の引っ越しを行ってくれる業者がいます。

例えば

など個人事業主も含めると引っ越しの手伝いをしてくれる業者は数多くあります。

ヤマトホームコンビニエンスに関しては家具一つ単位での料金で設定されているので、運搬する家具の量によって引っ越し業者と比較して安くできる場合もあれば、高くなってしまう場合もあります。

特に個人事業主の場合、全て自分の取り分になるので大手引っ越し業者と比較して安くできる場合もあります。

大手引っ越し業者とその他の運送業者の料金相場

では大手の引っ越し業者とその他の運送業者との料金相場の比較をしていきます。

大手引っ越し業者 ヤマトホームコンビニエンス 赤帽
料金相場 4万〜5万円前後 5万円前後 3万円前後
特徴 訓練されたスタッフが行ってくれ、養生もしっかり行ってくれるので安全度が高い。 家財の大きさにつき量設定がされている。大型ベッドやソファ・家財が多い場合は引っ越し業者の方が割安。 距離が近く家財が少ない場合は一番安い。家財が多いとトラックに入らない可能性があり追加手配で割高になってしまう場合もある。

ヤマトホームコンビニエンスの料金設定

ヤマトホームコンビニエンスの料金設定は家財の大きさや距離によって異なってきます。

運送距離によって値段が異なることはどの業者も同じなのでここでは家財の大きさによる料金に関して説明します。

例えば東京都内での引っ越しを例にすると家具の大きさ毎に以下のような料金設定がされています。

ランク サイズ(3辺合計) 料金(税込)
SSランク(電話機など小型家電) 80cmまで 1,540円
Sランク(電気ポット・炊飯器) 120cmまで 2,200円
Aランク(衣装ケース・扇風機) 160cmまで 3,190円
Bランク(タンス・椅子など) 200cmまで 4,400円
Cランク(洗濯機・単身用冷蔵庫) 250cmまで 7,535円
Dランク(ソファ二人掛け・食器棚) 300cmまで 10,945円
Eランク(大型冷蔵庫・シングルベッド) 350cmまで 16,555円
Fランク(ダブルベッド・衣装箪笥) 400cmまで 23,375円
Gランク(カウチソファ) 450cmまで 30,195円

このように設定されているため、大型の家具が多ければ多いほど料金は高くなってきます

家具が少なければ費用を抑えることができるので、家具家電の買い替えを検討している方にはおすすめです。

赤帽の運賃料金に関して

赤帽の運賃料金に関しては引っ越しの基本料金は作業時間や走行距離によって異なってきます。

基本引っ越し運賃料金は13,750円(作業時間2時間以内・走行距離20km以内の場合)となっています。

ここから作業時間や運送距離によって料金が追加されます。

しかし一見料金がかなり安いように見えますが、注意点が2点あります。

  1. 作業員が1名の想定
  2. 大型トラックの用意がない

単身でベッドやソファなどの大型家具がない場合は問題ないですが、大型家具があった場合にトラックに入らなかったり、作業員一名では足りず追加手配で高くなってしまう場合があります。

赤帽を利用する場合は事前に見積もりを必ず取るようにしましょう。

結局どこがおすすめなの?

気になるおすすめの引っ越し業者ですが、結論をお伝えすると運搬してもらう家財によって大きく異なってきます。

そこで以下のようにタイプ別におすすめができます。

業者によって対応や値段に関しては大きく変わってくるので、見積もりを取ることをおすすめします。

ファミリーであればサカイ引越センターがおすすめ

ファミリー世帯であればサカイ引越センターがおすすめです。

ファミリー世帯になると大型の家具が多くなってしまうため、大きい車両が必要になります。

ヤマトホームコンビニエンスでは小口ごとに値段がかかってしまうので、それであればトラックの大きさや距離に値段がかかる引っ越し業者の方が良いでしょう。

またサカイ引越センターのような大手引っ越し業者であれば梱包や養生もしっかりしてくれるため安心安全に運んでくれます。

サカイ引越センターで料金を安くする方法

サカイ引越センターでは他の業者よりも料金がやや高くなってしまう場合もあります。

しかししっかり訓練されたプロの業者に安全に運んでもらいたいですよね。

そこでサカイ引越センターでも料金を安くする方法はあります。

それは引っ越しの日時指定をお任せすることです。

引っ越しの日時指定をお任せすることで、サカイ引越センター側で他の顧客の引っ越し日と合わせて、効率的に引っ越しできる日を提案してくれます。

一台のトラックで複数の顧客を回ることで人件費やトラック手配の費用を抑えることができるので料金も安くすることができます。

家財が少なく、大きな家具があればヤマトホームコンビニエンスがおすすめ

家財が少ないのであればヤマトホームコンビニエンスがおすすめです。

ヤマトホームコンビニエンスでは小口ごとに料金が変わってきます。

ベッド・洗濯機・冷蔵庫程度であれば大手引っ越し業者より安い値段で引っ越しができるでしょう。

また時間帯の指定が引っ越し業者より細かくできるので時間の融通を利かせたい人におすすめです。

大型の家財がないのであれば赤帽がおすすめ

赤帽の場合、大きなトラックがないことや作業員が基本的には1名であることで値段が抑えられることがメリットです。

作業員一名で運べる大きさの家具やご自身が搬出入の手伝いができるのであれば値段をかなり手頃に抑えることができるのでおすすめです。

一方プロの引っ越し業者ではないため養生や梱包をしっかりやってくれないケースがあるので注意をしましょう。

さいごに

サカイ引越センターでは家具家電だけの引っ越しでれば、小さいトラックの手配で済むためファミリー層の方は通常より安く引っ越しができる可能性が高いです。

この記事の内容をまとめると

  • サカイ引越センターでは養生や梱包を作業員の方が全て行って引っ越しをしてくれる
  • 家財の種類や量によってはヤマトホームコンビニエンスや赤帽を使えば料金を安く引っ越しができる
  • 安心安全に引っ越しをしたいのであればサカイ引越センターがおすすめだが、料金を抑えるなら相見積もりをすることをおすすめ

運んでもらいたい家財によって料金は大きく変わってきます。

この記事を参考にして自分にあった引っ越し業者を見つけてみてください。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント