サカイ引越センターは年末年始も引っ越しできるの?費用はどうなる?

「年末年始に引っ越しを予定しているけどサカイ引越センターで引っ越しはできるの?」

何て疑問はありませんか?

年末年始の連休中に引っ越しを計画する場合もありますよね。

でも大晦日やお正月などその近辺に日程は引っ越しに対応しているのでしょうか?

「年末年始の引っ越しだと費用も心配…」

なんて不安もしますよね。

結論から言うと、12月30日~1月3日までは休業の場合が多いです。また20日以降は通常期となり費用は高くなる傾向があります。

ただ、注意点もあります。

この記事では、

  • 年末年始の営業は営業所によって異なる
  • サカイ引越センターの引っ越し費用の目安
  • 年末年始に引っ越しするのであれば年始に引っ越しするのがオススメ
  • 年末年始に引っ越しする際の注意点

などについて詳しく解説します。

年末年始に引っ越しを予定している方は是非チェックしてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センターは年末年始の営業は営業所によって異なる

サカイ引越センターでは基本的には定休がありません。

しかし年末年始(12月30日~1月3日)の営業に関しては営業所によって休みになっている場合もあります。

引っ越しする地域や引っ越し先の地域によって異なってきますので、年末年始に引っ越しをする場合は必ず確認をしておきましょう。

また問い合わせ先のフリーダイアルに関しては年末年始は休業しています。

期間に関してはその年によって異なりますが、12月30日~1月3日まで休業をしている場合が多いです。

他の引っ越し業者も同様に年末年始は休みになっている場合が多い

他の引っ越し業者もサカイ引越センターと同様に年末年始が休みになっている場合が多いです。

年末の最終営業は12月30日もしくは31日、年始の営業は1月4日からとしている業者が多いです。

年中無休の引っ越し業者でもサカイ引越センターと同様に営業所によって年末年始は休業している場合があるので確認をするようにしましょう。

年末年始の引っ越しができる営業所でも早めに連絡をする

サカイ引越センターで年末年始の引っ越しができる営業所であっても早めに見積もりをしてもらい引っ越し日を決めるようにしましょう。

なぜなら年末年始はフリーダイアルが休業しており、その前後も繁忙時期のため何かあった時に対応がしにくくなります。

早めに引っ越しの日取りを決めて準備も余裕を持って行うようにすることをオススメします。

年末年始だと引っ越し費用は高くなる?

年末年始の中で年末は特に料金が高くなる傾向があります。

なぜなら繁忙期以外の時期では年内に引っ越しを済ませて年始を迎えたいという需要が増えてくるからです。

引っ越しの費用は他の顧客の予約状況によっても大きく変わってきます。

予約が入りにくい時期は安くできる傾向にある一方、予約が入りやすい時期では高くなりやすいです。

通常期であれば平日は安い傾向があります。

しかし年末の20日以降になると平日でも休みに入る方も多くなり、年内に引っ越しを済ませたい方が多くなってくるので料金も高くなります。

サカイ引越センターの引っ越しカレンダー(http://www.hikkoshi-sakai.co.jp/cgi-bin/service/value_cal_chk_temp.cgi?ym=202112)を見ると12/22(水)から1/2(日)までは通常期扱いになっています。

一方で年始の1月前半では引っ越しをする人が減るので安くなり、3月の繁忙時になるにつれ値段が高くなっていく傾向があります。

サカイ引越センターの引っ越し費用の目安

サカイ引越センターでは通常期の引っ越し費用の目安として、同じ都道府県の場合、

  • 一人暮らし→4万円前後
  • 二人暮らし→6万円前後
  • 3人~4人暮らし→8~10万円前後

このような目安になっています。

サカイ引越センターの場合、年末の22日以降は通常期の料金が目安となります。

土日では1割程度料金が上がり、また距離が遠くなればなるほど料金が2割〜5割程度高くなってきます

3月の繁忙期の場合は倍近くの料金になる場合もありますが、逆に閑散期の場合は3割前後安くなります。

年始の4日以降ではサカイ引越センターのカレンダーを見ると通常期より料金より安くしてくれる可能性が高いです。

元旦前後は引っ越し費用は高くなる

元旦前後は引っ越し費用は高くなる傾向があります。元旦前後に引っ越しをする人は一部しかおらず、引っ越しを請け負う業者も少ないので価格競争になりにくいからです。

元旦前後に関しては年末年始の特別価格となっていることが多いので3月の繁忙時期ほど料金は高くはならないですが、通常期より料金が割高になってしまう傾向があります。

特に同じ都道府県の中での近距離での引っ越しでよりも、他都道府県への長距離の引っ越しの方が料金が割高になってしまう傾向があります。

元旦前後は営業している業者が少ないため必ず確認をするようにしましょう。

年末年始に引っ越しするのであれば年始に引っ越しするのがオススメ

年末年始に引っ越しするのであれば12/20頃までか年始に引っ越しすることがオススメです。

また1月は引っ越しの閑散期になります。

特に年内に引っ越しすることにこだわりがないのであれば、年始に引っ越しをした方が料金が安くなる傾向があります。

年始の場合は3月に近づくにつれて料金が高くなっていく傾向があるので、年始に引っ越しする場合は1月中に引っ越しをすることをオススメします。

年末年始に引っ越しする際の注意点

年末年始ならではの引っ越しする際の注意点があります。

  • ライフラインの対応ができない可能性がある
  • 役所関係の手続きができない日がある
  • 道路が混雑していて遅延の可能性がある
  • トラブルがあった際に対応ができない場合がある

通常であれば連絡をすればすぐに対応ができるところで、年末年始では営業をしていないため対応がすぐにできない可能性があるので早めに対応するようにしましょう。

ライフラインの手続きは早めに行うようにしよう

ライフラインの手続きは早めに行うようにしましょう。

新居に引っ越ししてもライフラインが使えなければ生活ができません。

水道や電気の手続きはインターネットだけで全て利用できるようになりますが、ガスの開栓に関しては業者の立ち合いが必要になってきます。

年中無休で営業しているガス会社が多いですが、地域によっては年末年始が休業している可能性もあります。事前に調べておきましょう。

可能であれば引っ越し前にライフライン各種の開通をさせておこう

転居先が近いようであれば引っ越し前にライフライン各種の開通を済ませておくことをオススメします。

事前に開通を済ませておき利用をしてみましょう。

インターネットで手続きを済ませて引っ越し先ですぐ使うことができますが、トラブルがないとは限りません。

年末年始は業者がすぐに対応できない可能性もあるので、事前に一度利用をしておくことでトラブルの回避ができます。

役所の転出手続きは早めにしておこう

年末年始は役所の営業も早く終わってしまうことや営業中も混み合っている場合も多いです。

ギリギリに手続きをしようとすると時間が合わなくなってしまう可能性があります。

転入手続きに関しては引っ越し後、数週間は期間が開いても問題ありませんが、転出の手続きは引っ越し前に行わなければならないので余裕を持って行うようにしましょう。

帰省ラッシュで引っ越しが遅延する可能性がある

年末年始は帰省ラッシュのため地域によっては道路が混み合ってしまいます。

そのため引っ越しの遅延が発生しやすい時期です。

時間に余裕を持った引っ越しであれば問題ありませんが、年末年始に予定を詰め込んでしまうと予定通りに進まない可能性があります。

引っ越し日は余裕を持ったスケジュールを組むようにしておきましょう。

トラブルがあった際にすぐに対応ができない

引っ越し後は何かとトラブルが発生する可能性があります。

家屋の異臭や破損・家電の故障など様々なトラブルが発生しやすいです。

しかし年末年始になると修繕業者も休みになっており、長期間修理に来れない可能性があります。

また修理に来れたとしても高額な料金が発生する可能性が高いです。

通常期であればすぐに修理に駆けつけてくれる業者も時間がかかってしまうので注意をしましょう。

まとめ

サカイ引越センターでは年末年始の引っ越しはできます。

しかし元旦前後の12月30日~1月3日までは休業をしている営業所が多くなっています。

元旦前後に引っ越しができるかは事前に確認をするようにしましょう。

この記事の内容をまとめると

  • 年末年始の営業は多くの引っ越し業者で元旦前後は休業になっており、営業している業者でも特別料金に設定されている
  • 引っ越しの費用は年末になるにつれ料金が割高になり、年始の4日以降は閑散期の料金になる
  • 年末年始の引っ越しはライフラインや各業者が休業している場合が多いため早めの準備が必要

年末年始の引っ越しは何かトラブルがあった際に対応がすぐできない場合が多いです。

早めの準備をして気持ちの良い引っ越しができるようにしましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント