サカイ引越センターは契約後に日にちの変更ってできるの?

サカイの基本情報

「引っ越しの契約をしたけど、引っ越し日の変更ってできるのかな?」

なんて疑問はありませんか?

引っ越しの契約後に引っ越し予定日が変わることってありますよね。

「契約をしてしまったから予定日を変更することはできないのかな?」

何て不安もあると思います。

サカイ引越センターでは契約後の日にち変更はできるのでしょうか?

結論から言うと、サカイ引越センターでは契約後に日にちの変更をすることが可能です

この記事では、

  • いつまでなら日にちの変更ができるのか
  • 日にち変更でも違約金が発生するのか
  • 日にちの変更をするときはどうしたらいいのか
  • 日にちを変更するときの注意点

などについて詳しく解説します。

引っ越し日を変更するか検討している方は是非チェックしてみてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センターは契約後に日にちの変更は可能

サカイ引越センターでは契約後に日にちの変更をすることが可能です。

しかし希望する日にちへの変更ができるかは変更時のトラックの空き状況やプランによっても変わってきますので注意をしましょう。

まずは引越日の変更をしなければならない事がわかったらすぐにサカイの営業の方に連絡をするようにしましょう。

いつまでなら日にちの変更ができるの?

日にちの変更は原則3日前までに変更をするようにしましょう。

なぜなら3日前までの変更であればキャンセルになった場合でもキャンセル料金がかからないからです。

また3日以内での変更になった場合は日にち変更であってもキャンセル料金がかかってしまいます。

引越の予約状況によって変わってきますが引越の3日以内に日にち変更の連絡をしましょう。

日にち変更でも違約金が発生する?

日にち変更になった場合に違約金は発生する場合と発生しない場合があります。

先ほどお話しした通り引越の3日前までであれば変更先の日程の都合が合わなくなった場合も違約金は発生しません。

しかし3日以内の場合は下記違約金が発生します。

  • 引越の前々日のキャンセルまたは変更→引越料金の20%
  • 引越の前日のキャンセルまたは変更→引越料金の30%
  • 引越の当日のキャンセルまたは変更→引越料金の50%

こちらはキャンセルになった場合だけで引越日の変更をした場合でも違約金が発生してしまいますので注意をしましょう。

違約金がかからないケースもある

引越日の間近での延期でも違約金がかからないケースもあります。

  • 自然災害などで引越が困難な予報の場合
  • 引越業者都合、その他公共交通機関などの影響で引越が困難な場合

このような場合は引越の延期になったとしても違約金がかからず引越日の変更をする事が可能です。

日にちの変更をするときはどうしたらいい?

引越日の変更をする時には契約する時にもらった営業の方の名刺に連絡をするようにしましょう。

契約書や名刺を紛失した場合はサカイ引越センターのフリーダイヤルにかけても問題ありません。

まずは引越日変更になったことが分かり次第連絡をするようにしましょう。

メールでの連絡も可能

メールでの連絡をすることは可能です。

しかしメールでの連絡の場合、届いて処理されるまでのタイムラグが発生してしまいます。

また変更したい引越日時の返信などをする必要もありますので、情報の漏れや行き違いが発生しないために電話で連絡をすることをオススメします。

なんて連絡をしたらいいの?

引越日の変更をしたい場合は基本的には理由をそのまま伝えれば問題ありません。

引越日の3日前いないであれば理由を問わず違約金を払うことはありません。

言いにくい場合は以下のような例でお伝えすると良いでしょう。

  • 新居の引き渡し日が遅れた都合で引越日を変更をしたい
  • 仕事の異動日が変わったため引越日を変更したい

このような理由でお伝えをすれば問題ありません。

そこで次に予定する引越日を聞かれますので変更希望日を伝えるようにしましょう。

日にちを変更するときの注意点

引越日を変更するときに幾つか注意点があります。

場合によってはキャンセルをしなくてはならない可能性もありますのでこちらを必ず確認しましょう。

  • 変更日が引越日に近いと違約金がかかる
  • 変更日の料金が高くなる可能性がある
  • 希望する引越日時が埋まってしまっている可能性がある

このような注意点があります。

初めにお話しした通り、引越日の3日前を過ぎての変更連絡になった場合は違約金がかかってしまいます。

違約金も数万円かかってしまう事があるので必ず3日前までに変更するようにしましょう。

変更日の引越料金が高くなる可能性がある

変更を希望する日が条件によっては料金が高くなる可能性があります。

基本的日時の条件が変わらない場合は料金が高くなることはないですが、条件が変わる場合は料金が高くなる可能性があります。

例えば

  • 曜日
  • 時間帯
  • 繁忙シーズン

これらの条件が変わる場合料金が変わってきます。

引越料金は需要が高い日時ほど料金が高くなってくるため休日の午前中は料金が高くなる傾向があります。

逆に平日の午後便や時間帯指定なしの場合は料金が安いです。

そこで時間帯指定なしの方は休日の午前中に変更をする場合は追加料金がかかる可能性があります。

また引越は3~4月は繁忙シーズンになるので通常期の料金より1.5倍ほど料金が高くなります。

通常期から繁忙時期の引越に変更になった場合も料金が高くなってしまいます。

希望する引越日時が埋まってしまっている場合がある

引越の変更は3日前までであれば違約金がかからず変更ができますが、次の問題は希望する引越日時のトラックが埋まってしまっている可能性があることです。

引越業者もトラックの台数が決まっているため、希望する日にトラックが埋まっており変更ができない可能性もあります。

変更の連絡が遅くなれば遅くなるほど、引越日に近い日のトラックが埋まってしまうので、できるだけ早く連絡をするようにしましょう。

希望日に変更できない場合はどうしたらいいの?

希望日に変更ができない場合は一度キャンセルをして新たに引越業者を見つける方法しかありません。

引越予定日に時間の余裕がある場合は問題ないですが、引越予定日に近づいてしまって他の引越業者を探す場合でもトラックが埋まってしまっていたり、料金がサカイで見積もりしてもらった金額より高くなってしまう可能性がありますので注意をしましょう。

まとめ

サカイ引越センターでは契約後に日にちの変更をする事が可能です。

基本的には無料で変更をする事ができますが、変更日によっては違約金が発生してしまうので注意をしましょう。

この記事の内容をまとめると

  • サカイ引越センターでは引越3日前までであれば無料で日にち変更が可能だが、2日以内になると違約金が発生してしまう
  • 引越日の変更をする場合は営業の方に電話で連絡をしたほうが手続きが簡単
  • 3日前までに変更をしても料金はかからないが、希望の日時が埋まっていたり、条件の変更で追加料金がかかる場合がある

まずは引越の日程変更が必要になったらすぐに連絡をするようにしましょう。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント