サカイ引越センターは大雨の日でも引っ越ししてくれるの?雨対策は?

「サカイ引越センターは雨が降っても引っ越しってしてくれるの?」

なんて疑問はありませんか?

引っ越しの日は晴天ばかりではありませんよね。

「引っ越しの日が大雨だけどどうしよう…」

何て不安もあるかもしれません。

基本的には大雨でも引っ越しをしてもらうことはできますのでご安心ください。

しかし、雨の日の引っ越しならではの対策もあります。

この記事では、

  • 雨の日を理由に変更やキャンセルをすることはできるのか
  • 雨が降った時のために対策は何かするべき
  • 雨の日の引っ越しの注意点

などについて詳しく解説します。

サカイ引越センターで引っ越しを予定している方は是非チェックしてみてください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センターは雨の日でも引っ越しをしてくれる

サカイ引越センターでは顧客からの申し出がない限りは雨の日でも基本的には引っ越しを行ってくれます。

仮に台風のような安全性が確保できない場合の引っ越しに関しては状況によってサカイ引越センターから引っ越し日や時間の変更などの相談が入る場合もあります。

自分自身では梱包ができない大型家具や家電は荷物が濡れないように梱包をしてくれますので安心して利用をすることができます。

雨が降るから引っ越し日の変更はできる?

引っ越し日の変更は可能です。

3日前までであれば基本的には変更料などはかかりません

しかし引っ越し日の変更の場合は、近い希望の日時に引っ越しができるとは限りません。

日程の変更に関しては早ければ早いほど希望の日時を取りやすくなるので、変更をする場合は早く連絡をするようにしましょう。

キャンセルをしたい場合はどうなるの?

サカイ引越センターではキャンセルをすることも可能です。

キャンセルに関しては3日前までであればキャンセル料はかかりません

もちろん台風などで安全性が損なわれる場合におけるキャンセルに関してはキャンセル料金はかかりません。

キャンセルをした場合、3日前より早い場合でもあらかじめ用意されていた梱包資材は返却もしくは買い取りになってしまうので注意をしましょう。

キャンセル料金に関しては標準引越約款によって定められており、当日のキャンセル料は50%、前日30%、前々日20%と決まっています。

この割合はどの引っ越し業者も変わりません。

雨が降った時のために対策は何かするべき?

雨が降った時への対策はある程度ご自身でやっておかなければなりません。

大型の家具や家電に関してはサカイ引越センターは作業員の方が濡れないように対策をしてくれます。

自分で荷造りする部分のみ雨の日の対策を一部したほうが良いでしょう。

特に濡れた時に故障の危険性がある家電製品や大事な書類などは梱包時に対策をしましょう。

梱包時の雨の日対策は大きく2種類あります。

  1. ビニール袋に包んで段ボールに入れる
  2. 家電製品や重量がある荷物はプチプチに包む

基本的には中身が守られるようにすれば問題ないでしょう。

梱包時にビニール袋で包む

ゴミ袋を用意して荷物を袋に入れた状態にして段ボールに入れましょう。

衣類などの軽い荷物に関してはこれで問題がないです。

段ボールをビニールで包むと滑ってしまい、作業員の方が落としてしまったり、トラックに積み重ねている段ボールが搬送中に滑り落ちてしまうことがあるのでダンボールの中身をビニールで包むようにしましょう。

小型家電はプチプチに包んであげると安全

段ボールに入るような小型の家電製品はプチプチで包んであげましょう。

家電製品の場合は雨だけでなく衝撃にも弱いので、そのまま入れるのではなくプチプチに包むと安心です。

プチプチで包むことが難しい場合は段ボールに入れた後に上から被せてあげると安心です。

家電製品の場合は衝撃に弱いので、段ボールに隙間がある場合は新聞紙やプチプチで隙間を埋めましょう。

雨の日の引っ越しの注意点

雨の日の引っ越しには注意点があります。

例え雨の日用の対策を自身や引っ越し業者がしていても荷物が濡れてしまう場合があります。

荷物を濡れたままにしておいてしまうと、後々中に入っている荷物にカビが生えてしまっていたり、故障をしてしまったりとトラブルにつながってしまいます。

雨の日に向けた準備だけでなく、当日の引っ越し作業で荷物が濡れてしまった場合のことも考えておきましょう。

新居に荷物を入れたら早めに荷解きをしよう

新居に荷物を入れたら早めに荷解きをしましょう。

雨で濡れたダンボールは湿気を多く含んでいるため、ダンボールの中の荷物にカビが生えてしまう可能性があります。

雨で荷物が多くすぐに荷解きができない場合は濡れてしまっているダンボールだけでも荷解きをするか、フタを開けておくようにしておきましょう。

またかなり濡れてしまった場合、中身が破損や故障してしまう可能性があるので、中身の確認や家電製品であれば動作確認をするようにしましょう。

もし荷物が雨に濡れて故障した場合はどうなるの?

もし荷物が雨に濡れて故障した場合は基本的には引っ越し業者が補償をしてくれます。

サカイ引越センターでももちろん保証をしてくれます。

しかしこの場合引っ越し業者に過失があった場合の保証になってしまうため、引っ越し業者の過失でない場合は保証の対象外になってしまいます。

雨に濡れた場合の故障についてはその場で確認しなければ分かりづらくなってしまいます。

なぜなら仮に雨に濡れたとしても乾いてしまうとわからないからです。

家具や家電が搬出・搬入の際に濡れていた場合、すぐに確認をすることをオススメします。

濡れたダンボールはすぐに開けて中身を確認しよう

濡れたダンボールも同様に中身まで水が染み込んでいないか確認をしておきましょう。

ダンボールの水濡れによる中身の破損などは保証の対象にはなりますが、しばらく放置をして中身がカビてしまった場合は引っ越し業者の過失を証明できなくなってしまうので保証の対象外になってしまいます。

ダンボールの水濡れがあった場合はその場で開けて異常がないかを確認するようにしましょう。

安い引っ越し業者の場合雨の日対策ができていないこともある

サカイ引越センターのような大手引っ越し業者の場合、雨が降ってきた時の対策のために大型家具用のビニールシートなど濡れてないような備品が用意されています。

しかし格安の引っ越し業者の場合は雨の日対策ができていないケースもあります。

その場合大型家具が濡れないように大きいビニールシートなどを自分で用意をしておかなければなりません。

さいごに

サカイ引越センターでは雨の日でも引っ越しをすることができます。

また雨の日用のカバーなどはしてくれるので家財が雨に濡れて故障してしまうといった心配は少ないでしょう。

この記事の内容をまとめると

サカイ引越センターでは台風などの安全が損なわれる場合を除き雨の日でも引っ越しができる
引っ越し日の変更やキャンセルも可能であるが、変更やキャンセル日によっては希望の日に引っ越しができない場合やキャンセル料がかかる場合がある
雨対策のために荷物の中身はビニールで包み、引っ越し後はすぐに荷解きをすることがオススメ

心配であれば見積もり時に営業担当の方にどのような対策をしておくべきかを伺うことをオススメします。

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント