サカイ引越センターはベッドのみでも運んでくれる?料金の相場は?

サカイの基本情報

「サカイ引越センターではベッドのみを運んでもらうことはできる?」

「ベッドのみを運んでもらったら料金はいくらくらい?」

何て疑問はありませんか?

サカイ引越センターではベッドのみを運んでもらうことは可能です。

ただし、運んでもらうのには注意点があります。

この記事では、

  • ベッドのみを運んでもらう際におすすめのコースについて
  • ベッドのみを運んでもらう場合の料金相場
  • 追加料金について
  • ベッドの梱包について

などについて詳しく解説します。

ベッドのみを運びたい方は是非、ご覧ください。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

サカイ引越センターではベッドのみでも運んでくれるのか

サカイ引っ越しセンターでベッドだけの引っ越しを依頼することは可能です。

ただ、引っ越し会社の中には大型家具のみ対応するプランを設定している業者も多くありますがサカイ引っ越しセンターには、大型家具のみの引っ越しプランの設定はありません。

サカイ引越センターでベッドを運ぶなら「せつやくコース」

サカイ引っ越しセンターには以下のコースが用意されています。

らくらくコースプレミアム

らくらくAコース

らくらくBコース

らくらくCコース

せつやくコース

「らくらくコース」と「せつやくコース」の違いはスタッフが小物の梱包と荷ほどきをどこまでしてくれるかという点です。
どのコースでも大型家具の梱包、荷出し荷ほどきは対応しているので、ベッドのみを運ぶ場合は「せつやくコース」を選ぶことで価格を抑えられます。

サカイ引っ越しセンターのせつやくコースではベッドの梱包、壁などの養生もしてくれ、運び出す際の保証もあります。
慣れているため作業がとても早く、安心して頼むことができますね。

ベッドのみを運んでもらう場合の料金相場は?

ベッドのみの引っ越しを希望する場合は、引っ越し会社のほかに、クロネコヤマトの「らくらく家財宅急便」など宅配業者を使う方法があります。
都内で通常期に移動する場合のおおよその相場は以下のようになります。

シングルベッド セミシングルベッド ダブルベッド
ヤマト (らくらく家財宅急便) 15,050円~ 15,050円~ 22,950円~
サカイ (せつやくコース) 20,000円~ 30,000円~
アーク (大物限定コース) 20,000 ~30,000円 33,000~ 45,000円
ムービングエス (小口引越しプラン) 8,000円~
キタザワ (一発予約家財宅急便) 8,000円~ 10,000円~
赤帽 (通常運送) 12,500円~

ただ季節や条件、サイズによって料金は変わってくるので、問い合わせはしてくださいね。

引越し会社の料金は、荷物1個あたりの大きさや重さではなくトラックの容積で料金を計算します。
ベッド1台であれば、1台分の料金ではなく、トラックを使う容量によって料金が決まるということです。
ベッドのみだとおそらく容量に空きがあるので、プランの料金内でダンボールをいくつか追加で運ぶこともできるでしょう。

また、引っ越しのときにベッドとマットレスを一緒に運びたいという方が多いと思います。
引っ越し会社の場合は基本的にベッドの運搬料金にマットレスの料金も含まれます。
一方、ヤマトらくらく家財便はベッド+マットレスで家財2点の扱いとなります。
ヤマトは料金が荷物のサイズで決まるので、2点分の金額がかかるということです。

引越会社と宅配会社、それぞれ料金の基準が異なるので、しっかり見積もりを取って比較しましょう。

ベッドのみ引っ越しが安いの引越し業者を調べてみる(無料)

追加料金がかかる場合もある</h3>

ベッドを運ぶ際に、追加料金がかかる場合もあります。

  • 二階建て以上に運ぶ
  • エレベーターがない
  • サイズが大きく階段を通れない
  • クレーンでの搬入搬出が必要

こういう場合には追加料金がかかるケースが多いです。
例えばダブル以上の大きいベッドマットが戸建て2階、3階にあり、吊り作業が発生する場合は、別途費用が発生します。
吊り作業は基本3人で作業するので、プラス1万円が目安になります。
クレーン車を使う場合はおよそ2~3万円が相場です。

引越し会社によるので一概にはいえませんが、特にダブルやクイーン、キングなど大きいサイズのベッドは訪問見積もりをしっかりとってください。
ウォーターベッドは対応してくれない場合もあります。

また、ベッドの解体や組立にオプション料金がかかる場合もあります。

以下は各社のおおよそのオプション料金です。

引っ越し業者 オプション料金
日通 無料
サカイ引越センター 2500円~
アーク引越センター 3000円~
ムービングエス 無料
キタザワ引越センター オプションなし

ベッドのサイズ、オプションが発生するのか、さらに引っ越し会社は季節によっても料金が変わります。
ハイシーズンの場合はヤマトなどの宅配業者の方が料金を抑えられる可能性もあります。

ベッドの梱包はどうしたらいいのか

基本的にベッドの梱包作業は引っ越し業者のスタッフがしてくれます。
梱包はどうしよう…?と心配になる方もいるかもしれませんが、サカイ引越センターのスタッフならばスムーズにトラックまで運んでくれ、運び出す際の養生などもしてくれます。
一つだけ注意しておく点は、ベッドを運ぶときは視界も悪くなるため、通り道になる場所に物を置かないようにしておきましょう。
壊れやすいものなどは事前に移動させておくと安心です。

ベッドを処分した方がお得な場合

ベッドは解体や組み立ての手間がかり、運ぶよりも新しいものを購入した方が安い…という場合もあります。
こういう場合は、処分するのもひとつの手段です。
ベッドを処分する方法はいくつか考えられます。

自治体に粗大ゴミとして出す

市町村によって費用は異なりますが、だいたい1,000~2,000円で引き取ってもらえます。
回収できるサイズや重さの上限がある場合があります。
また、回収依頼してから引き取り日まで日数がかかることも。処分する場合は早めに問い合わせをしておきましょう。

不用品回収業者やリサイクルショップに依頼する

不用品回収の場合、費用はサイズなどによって異なりますが、3,000~7,000円ほどかかります。
リサイクルショップは状態がよければ買い取りをしてもらえますが、多くは処分費用のかかるケースが多いようです。

引越し業者にそのまま引き取ってもらう

引っ越し業者は、ベッドだけでなく大型家具家電の不用品処分を受け付けている場合が多いです。
例えば予定外のトラブルでベッドを新居に設置できず、どうしようもなくなった場合などは引越し業者にそのまま引き取ってもらえます。
ただ、不用品引き取りは料金が発生するため、万が一を考えて事前に料金を確認しておくといざというときに慌てずに済むでしょう。

さいごに

ベッドのみを引っ越しする場合は、引っ越し会社だけでなく選択肢が多くあることがわかりました。
サカイ引越センターでもベッドのみで運ぶことは可能です。
料金プランの相場に加えて、分解や組み立てが必要なのか、運ぶ場所によっては吊り上げることになるのか、などによっても料金が変わるので、事前に数社訪問見積もりに呼んだうえで比較するようにしましょう。

サカイ引越センターに見積もりを取ってみる(無料)

あなたも引越し料金で損してるかも?

引っ越しのためにある引越し業者に見積もりを取ったら73,300円でした。

高いんじゃないかと思ってスーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)で試しに調べてみたら42,000円の業者を見つけることができました。

あやうく31,300円も損するところだったんです。

複数の業者に見積もりを取ることで安い業者を見つけることができました。

見積もりの手間を省くなら「スーモの引っ越し一括見積もりサイト(無料)」が便利です。

利用時間は1分程度で利用料は無料になります。

スーモは電話登録がありませんので迷惑電話がかかってくることはありません

引越し料金で損したくない方は是非こちらをご覧ください。

あなたに合った最安値の引越し業者を調べてみる(無料)

コメント